気ままに紅茶

第二弾ホットドリンクの美味しい淹れ方です(;´ー`)
・・・と言っても、ググってきたのをまとめただけなんですけどね~。


今回は紅茶です。
昔は貴族の飲み物でティーカップの受け皿にカップから紅茶を注ぎ
音をたてて飲むだとか、一般階級に広まった時には労働者が糖分を
早く摂取する為に沢山砂糖を入れて飲んでたとか、色々な話を耳にする飲み物です。

現在ではティーパックに茶葉が入ったものや、茶葉にお湯を注いで淹れる方法。
インスタントコーヒーの様にお湯を注ぐだけでいいものなどがありますね。
今回はそのままの茶葉を使った淹れ方を調べてみました。

 参照元 :   


               ○ ストレートティーの美味しい淹れ方 ○

 揃える物 : 蒸らし用ポット・ティーポット・ティーカップ・茶漉し・砂時計(タイマー)
          ティーメジャースプーン(ティースプーン)
          注意点は鉄製の物を含むのはなるべく避けたほうが良い
          (②にもあるように、鉄があると紅茶の色が暗くなってしまう等ある為)

 まずはお湯を沸かしますが、この際の水は市販のミネラルウォーターは
 避けた方が良いです。理由は空気を含んでいない事と硬水が多いから。
 ミネラルを含んでいない物なら、一度振ってから沸かすと良いようです。
 普通は汲み立ての水道水で十分みたいです。
 お湯は沸騰直前のもの(95℃)が理想ですが、長い間沸騰させたお湯も避けた方が良いです。
 (まあ、沸騰させすぎたお湯がNGなのはどの飲み物にも言えることだけどね)

 お湯が沸いたら蒸らし用ポット・ティーポット・ティーカップにお湯を注ぎ
 容器を温めます(ポットが冷たいと蒸らす時間も変わってくるので)。
 蒸らし用ポットが十分に温まったらお湯を捨てて、1人2~3gの茶葉を入れ
 高い位置からお湯を注ぎます。高い位置から注ぐことでお湯に空気が入り
 ジャンピングという現象を起こし、風味と香りがお湯に行き渡り易くなります。
 
 蒸らし時間はおよそ3分ですが、葉の大きさで違ってきます。
 細かい茶葉のBOP・BOPFはおよそ2分。葉の大きいOPなどは3~5分が目安。
 (詳しい事は②を参照下さい)

 蒸らし終えたら、ティーポットを温めていたお湯を捨てて
 茶漉しで茶葉を濾しながらゆっくり入れ替えます。

 あとはティーカップを温めていたお湯を捨てて、紅茶を注いで完成です。


 ミルクティーの場合は濃度が濃い目で、少し温めたくらいのミルクが適しています。
 そして蒸らし時間+30秒程で淹れた紅茶だと美味しく頂けるとの事。
 



こんな感じでしょうか?
紅茶の場合は結構いろいろな淹れ方があるみたいなので
自分なりにまとめてみました。
コーヒーも美味しい淹れ方で淹れたら、結構違ったので
紅茶もこうやって淹れると一味違ってくるんでしょうねぇ。

てか、紅茶に関してはジゼルさんのが絶対詳しそうだッ!
[PR]

by Future-truth | 2005-03-07 16:11 | 雑記 | Comments(2)

Commented by Giselle@FF11 at 2005-03-07 23:32 x
呼びましたか?(*'-')
Commented by Future-truth at 2005-03-08 18:48
呼びました(´ー`)

紅茶はリプトンの三角パックでばかり淹れているから
茶葉の淹れ方はさぱーりなんだよねぇ。
だから調べてみたけど・・・、茶葉の銘柄もさぱーりだったΣ(’△’;)
もしお勧めの茶葉とかがあればお教えくださいー。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< モンハン熱、再発 祝・PSPエターニア発売(買い... >>