誰が為の蛮行か【Harper's Island】

暫く間が開きましたが、あれからハーパーズアイランドを見進めました。
いえね、色々と忙しくてねー。FF14とk

今回も拙い推測を繰り広げるので
ネタバレ豊富だと思うから折りたたみます。
















---------------たぶん\(^o^)/きっと/(^o^)\あたってない---------------




前回は3話「タトゥー・ガールの眼は赤い」まで見ていましたが
今回は一気に進んで9話「明るくなるまで待って」まで進んでしまいました。
うん、やっぱり見ると気になっちゃうよね。

えーと、とりあえず9話までにアビー周りの話がよく聞けて
最後に何者かに攫われたマディソンをアビーが見つけ出して
なんとか無事にホテルまで戻ってきたところです。
その際に、マディソンから自分を攫ったのはアビーの父、チャーリーであると伝えられます。

とりあえず、この発言に関しては信用していないです。
以前にマディソンは父親のリチャードに言われて取り調べの際に嘘を付いています。
そのことを考えると、犯人に両親を引き合いに出されれば嘘を付く事はするだろうし
もしチャーリーが犯人だとしても、色々と釈然としないんだよね。

その少し前に、アビーの母親はウェイクフィールドと付き合っていたことがあって
その際に妊娠していたーって話があって、それがアビーなんじゃないかという話もあったけど
それでアビーが犯人というのはちょっと強引だと思います。
ウェイクフィールドの日記を入手して、そこから少しでも情報を引き出そうとして
DJが持っていた日記の一部を持って行ったヘンリーのとこまで追いかけてって
そこでその情報をみんなに晒して自分の立場が悪くなるって具合だったけど
アビーが犯人だったら何の意図があって、そんなことをしたのかと…。
何かの陽動にしてはちょっと、ねぇ?

ところで、DJが息を引き取る時に
「この事件はアビーに関わりがある(アビー狙いである)」
ということを言ってたけど、どうしてそれを知りえたのだろう?
ウェイクフィールドの日記はDJが入手したものらしいけど
それにはチャーリーへの積年の恨みのことと犯行計画が書かれていたみたいだし…。
アビーの父親が関わっているからアビーに関わりがあるという意味なのかもしれないけど
なら回りくどくそう言う必要はないよね。父親に関わりがあるって言えば済む。

そして、アビーとヘンリーはウェイクフィールドの墓を暴いて人骨を見て
ウェイクフィールドは死んだと思ったようだけど、本当にそうなのかな。
その骨がウェイクフィールドである確固たる裏づけもあるわけでないんだから
他人の遺体を入れて偽装した可能性もあるんだし。
これだけでウェイクフィールドは、しっかりとチャーリーによって葬られた
っては考えたくないなぁ。


基本的に情報が後だしなので、正確に情報を取りまとめて犯人を特定するのは難しいけど
どこかしらに伏線があって、それが犯人に繋がっていると考えると
今の所わたしが怪しいと思っているのは2人かな。
ただしウェイクフィールドは含みません。
万が一、彼が生きていたとして一連の事件が彼の仕業だとしたら、わたしとしては
「えっ、そんな展開なの?」
って具合でそこまで意外性があるとは思わないので…。

ということで、ウェイクフィールド以外に怪しいのはまずジミー。
日記にあったアビーの母親が妊娠していた際の子はジミーじゃないのかなーと。
それを知っていて何か疑念を抱いたチャーリーはジミーと接触していたとか。
ただ、殺人鬼の子だからといってカエルの子はカエルでしたでは釈然としないんだよね。
でも、DJが日記以外で事件にアビーに関わりがあると思う要因としては
犯人がジミーというのを見て、そう思うのはそこまで不自然じゃないとも考えて。

もしも犯人だとすれば、ミルズ家の人たちへの復讐として
アビーにとって最愛の人が犯人であり、その人によって手にかかる
というのは、それなりに酷な話ではないかなーとか。

そして2人目はヘンリー。
どう考えてもミスリード役としては一番うってつけに思えて。
結婚式をハーパーズ島ですると決めたのはヘンリーかトリッシュだろうし
殺害したい人を選んで呼ぶっていうことも出来るわけだし。
ならトリッシュも怪しいじゃんってなるけど、彼女は普通に狙われていたみたいだし
それが演技でしたーって言うには、ちょっと出来すぎかなーと思ったので。
あと、ヘンリーの両親に関してはヘンリー自身の口からしか聞けてないんだよね。
ヘンリーがウェイクフィールドの子で、情報操作をしている…
というにはJDやマーティンおじさんの存在があって無茶があるけど
どーにも何かひっかかるのがあるのがヘンリーなんだよね。

ただ、どちらかが犯人だったとしても全然動機が見えないんだよね。
そこが解れば犯人が簡単に解っちゃうだろうから最後まで伏せられてそうですが…。


とりあえず、これって複数犯かも?
結婚式の参加者が単独で行ったとしても相当無理のあるスケジュールだよね。
とはいえ参加者複数でどうこうやってるのも難しいだろうし…。
外部に協力者が居るとかなのかなー。




…はっ。
まさかチャーリーの部下のぽっちゃりくん?(アリエナイ
[PR]

by Future-truth | 2012-08-01 18:49 | 小説・映画 | Comments(4)

Commented by 臼魔のE at 2012-08-02 23:12 x
随分いいところをついているねワトソン君(笑)。

ちなみに私は8話目(弟くんの死んだ回)で犯人が判りましたが、一緒に見てたOkanと意見が合わずハーゲンダッツを賭けて勝負しましたよ。
勝ったけど!( ̄▽ ̄) クッキーアンドクリームウマー!!

あと、ルーシーのワンコは元気だと思います。
そしてルーシーよりも真に哀れな登場人物思い出しました。
メガネくん(ブース)。

あと動機は後にわかりますが、個人的にむっちゃ気持ち悪かったです。
そして今大変ショックなことが……自分の更新してたブログ記事消しちゃったOrz
もういいや、今日は寝る(゜ーA)オヤスミナサイ
Commented by Future-truth at 2012-08-06 20:19
8話で解ったのはかなり早いと思う!

わたしは、そのあとに出てくる
「ウェイクフィールドに子供がいるかもしれない」
というところからIFで考えて行き着いたようなものだし…。

エメさんに「アヒルと鴨のコインロッカー」を渡したら
早いうちに真意に気付くのかなw
(推理物ではないけれど)

そうそう、ルーシーのワンコ。
最後のほうにでもチラっと登場してくれれば
愛犬家たちは安心したのにね(´・ω・`)


>ブログ記事消す
よくありすぎて涙が出ちゃう(ぇ
Commented by 臼魔のE at 2012-08-12 20:19 x
>エメさんに「アヒルと鴨のコインロッカー」を渡したら

見たw
Anekiが楽天で借りてきてたのを隣でぼんやり見てましたw なんかこう、またーっと進む話だったよね。
Commented by Future-truth at 2012-08-16 13:39
たぶん映画の方かな?
独特なスローテンポで結構酷いことをサラリとやってる映画でした。

初見が小説版で、あのトリックがわたしには新鮮で
主人公は終始第三者なんだけど程よく存在感を持っている
そんな小説でしたヨ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 追い求めしは、ただ1つでした【... あにばーさりー >>