意地の最果てにて君を待つ物は

「またかよ」
と言われそうなくらい、凝りもせず主催してきました。
もう通算5度目になるのかなぁ。何度も参加して下さってるフレも居るし
こんなお馬鹿な企画に付き合ってくれて本当に助かってます。
何をしてきたのかというと、神印章99枚のBC真龍です。

今回、真龍に挑んだ構成はコチラ。

 盾班 : ナナモ白赤詩
 黒班 : 黒黒黒黒黒学(わたし)
 遊撃 : シ狩白黒赤赤

攻略方法は散々ココでも書いてるので割愛。
オーソドックスな戦闘方法だけど、今までと違うのは
連続魔スタン後にアカンプリスするくらいかなー。
大丈夫だって声もあったけど、まあ安全策でね…?


一戦目はわたしのオーブで行いました。
ここは難易度も高めだし、しっかりロストもするので気を引き締めないといけません。
FFXIで緊張感を自覚できる様な戦闘は久しぶりだなー…。

まずBCに入ったら、真龍の居るフロア前の通路で待機。
みんな来たのを確認してから、フロアの淵に移動します。
真龍に睨まれつつも移動が完了してから、ナイトさんのフラッシュで戦闘の火蓋を切りました。
真龍は即座にWSの構えに入るけれど、打ち合わせどおりに黒さんからのスタン!
その隙に真龍の前足にみんなが殺到しますw
最初のうちはとても順調。まあ、ここで崩れたら話にもならないのだけど。
黒は火力を抑えつつじっくりと削っていくと、痺れを切らした真龍は
その巨体を翻して上空へと身を置きました。
さあ、ここからがこのBCの本番ですっ。

赤さんの連続魔スタンでフレイムブラストを封じ込めつつ
黒・狩の両ジョブで真龍に集中砲火を浴びせます。
たまーにスタンの合間を縫ってフレイムブラストが着弾して大きな被害を与えてきますが
黒以外のキャスターらのケアによって、何とか持ち堪えます。
1人目の連続魔スタンが終わる頃には、真龍が耐えかねて地上へタッチダウン。
流石に対空攻撃要員が7人も居ると早いですね!

が、黒タルさんが頑張りすぎたのか真龍がタルびいきだったのか
降りた直後に黒タルさん1人をプリケツ化してくださいましt
なんとかナイトさんがタゲを取り返した後は、再び持久戦となります。
というのも、この真龍はタッチダウンをするとレベルが80から90に上がるらしく
レベル補正やらなんやらで、それまでと一変して削りにくくなるんですよね。
しかもHP減ってるからWSをガンガン使ってくるし…。
それまでの真龍と同じだと思ってると、痛い目に合うことになります。
…うん、散々ここで煮え湯を飲まされてきたさ(´・ω・`)

ここからはってよりも、真龍が飛んでからわたしはおおわらわ。
攻撃が熾烈なのでメンバーのストンスキン有無を確認しつつ黒班以外にもケアルを回したり。
隙あらば精霊をして火力の補助をしようと思っていたけど
そんなこと出来る余裕なんて無かったよ!
…ブライナ?
ごめん、悪いけどバザーの目薬で対応してください(何

降りてから少し波乱があったものの、それ以外は…
あ、西風さんが真龍の正面じゃないのに、ドラゴンブレス直撃ダメージみたいなの貰ってたっけ。
そんな不可解な事がありつつも、タゲの維持はしっかり出来ていて
少しずつ、でも確かに真龍のHPを削っていくこと出来ました。
そして、不意に真龍の名前が黒く濁り、その巨体が地に横たわる…。
思っていたよりもずっと順調に進める事ができたので、倒したときには


b0004722_1814767.gif.oO(あー、たおせたんだ…?)


と、ちょっと拍子抜けする感があったのは内緒です(;´ω`)


歓喜の声が上がる中、最後の戦いとなる箱との勝負です。
わたしが箱を開けるとき、いつもSlapしてから開けているので
この時もSlapしてから箱を開けてみると…!



見事なハズレでした♪



まあいいさ、真龍には勝てたんだから(ノω`)
今回分はオールフリーなので、みんなにロットしてもらって
二回戦となるオジマルさんのオーブで再チャレンジ。
今度は快勝と言って良いほど順調で、誰もやられること無くして真龍を御すことができました!
1人でスゴいなーと関心している中、オジマルさんが


b0004722_1814767.gif< 他人の分は引きが良いぽよ


と言いつつ箱を開けると、ウィルムの逆鱗が入ってました。
ウィルムの逆鱗が入ってました。
大事なコトだからにd(略
逆鱗はライチさんがお持ち帰りになりました。良かった良かったw


そんなこんなで、なんとか真龍に快勝することができました!
一重に参加して下さったみんなのお陰です。わたしは殆ど何もしてないようなものだs

この99BCを始めたきっかけってのは、珍しいモンスと戦ってみたいっていう動機でしたが
今ではナイズルでポンポン出てきて珍しいも何も無くなってしまっています。
てことで、もう色々と方々に迷惑をかけながらもやる必要は無いのかなーと。
なので、次やるとしたら難易度が低いベヒ・カメを連戦でやって
当たれば大きい金策感覚でやれればいいかなーと思ってます。
それが何時になるかはわからないけど、既にベヒやりたいって声を貰ってるんだよなぁ…w

何にせよ、今回悟ったのは単独主催はしないこと!
流石に18人も集めるのを1人でやると、無理が生じてくるからね…orz
何度目の主催で気が付いてるんだよって感じだよね、うん。
[PR]

by Future-truth | 2009-06-23 18:32 | FFXI | Comments(6)

Commented by ばねすと at 2009-06-23 18:59 x
乙乙
おいらも何もしてn
Commented by recess_xi at 2009-06-24 10:30
おつかれちゃーん

2戦目タゲとったのってワタクシかしらん?
死にそうになった記憶は無いんだけど。
まぁ出てよかったですにゃー。
Commented by めり at 2009-06-24 10:44 x
おつかれさまでした☆
逆鱗、出てよかったね~♪
Commented by zephyros99 at 2009-06-24 13:31
さすがに900台のダメは一発即死でしたなぁ
今、思えば、正面よりに立っていた気がしないでもない・・・・

エル黒はMP不足気味なんで今度参加する機会があったら
狩でお願いします。
Commented by Future-truth at 2009-06-25 19:53
>バネストさん
おつかれさまでしたー。
きっとどころでなく、わたしより仕事してたはずだよw

>リセスさん
2戦目のタゲ取ったのは誰だったんだろう?
そこまで把握できなかったけど、ナイトさんが取り返してくれたし
まあいいか(ぇ

>めりさん
おつかれさまでしたっ。
出ないと評判の逆鱗が出てよかったよー。
これでスピベルなんて出てたら大収穫だったのだけどw

>ゼピュロスさん
結構判定が厳しめなのかな?
そこまで正面に居たように見えなかったけど…。

ジョブに関しては了解です(・ω・)ゝ
Commented by おてまふ at 2009-06-26 20:17 x
全てはボクの為のBCだたーのに(;д;)ぐっすんおよよ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< わたしはオーダーメイド あなたの1等 わたしの1等 >>