<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

それは偽りのキュロット

弓スキーなのはフレ間では周知の事実ですが、どちらかというと支援系も嫌いではないので
FF14で数少ない残りの幻術士もレベルを上げていました。
レベル上げだとケアルマシーンなのは事実ですが
白魔道士がジョブで追加され、色々なアクションが追加されたことで
アレコレ考えながら出来るクラスになるかなーと思ってね。

ってことで、幻術Lv50になってから白魔のクエを進めてみましたよ。
内容としては、幻術の発祥グリダニアらしく精霊にまつわるお話でした。
角尊(つのみこと)と言うグリダニアでは重要な地位(家系)に居るラヤ・オ・センナから
ココ最近、精霊の様子がおかしいから調べて欲しいと頼まれるというか強要されて(ぇ
怒った精霊を見つける為に各地を奔走するって流れかな。

最後にはエオルゼアが危ないから助けて!
みたいな感じに、あまりにも話しが大きくなるから少し白けるものの
ちゃんとしたシナリオ展開があるからクエストとしては良かったカモ。
詩人のなんて、一切イベント無しに戦闘突入してたからさ…。

ちょっとした意外性と、エオルゼアでの幻術・白魔の成り立ち
精霊側の考え方が垣間見ることが出来るので、なるほどねーと思いながら見てましたw


さて、ジョブクエを進めたということはAFも揃えたってコトなのでお披露目します。
たぶん、FF11よりも白魔ってイメージに近いかもしれないです。
b0004722_1929078.jpg

ロングローブがらしさを際立てているのかもねー。
FF11のは、FF14で言うハーフローブだったし。
ただ、私的には小物入れの鞄とかはFF11のがイイと思うな。
ミスラだと後ろに尻尾用スリットがあるからお腹に付いていたりとか
そう言った細かい演出が好きだったので。
あ、ちなみにフードはかぶれませんw


ところでこのヒーラーアタイア。
脚装備のヒーラーキュロットがとんでもなくて驚きました。
いえね、キュロットと言えば今まではズボンチックな装備だったか
そういうのだと思っていたから、これもそうなのかと思っていたので…。
どれだけ変わっているかというと──


Before
b0004722_19361226.jpg








                         ヒーラーキュロット
b0004722_1937319.png







After
b0004722_19374111.jpg

ミニスカートとか、そんな次元ではないです。
フェーミナサブリガです。
どうしてこうなった!

ちなみに胴、もしくは腰に装備をするとスカートは消えます。
手持ちの装備では消えないのが無かったので、何か着るとダメみたい。
つまり、このヒーラーキュロットをロングローブ系以外で使うとすると
色々な意味で勇気が必要という、とんでもない装備だったのだ!

今の所、白AFは優秀だからセットで着ていても問題ないけど
今後どうなるかは保障が無いからなー…。
多くの意味で頭を悩ませるAFなのかもしれない(;´ω`)
[PR]

by Future-truth | 2012-03-24 19:48 | FFXIV | Trackback | Comments(7)

Meganeを冠する者

何が切っ掛けで集め始めたのかは覚えていないけれど
とりあえずFF11の中で少し珍しい見た目の良い小物ということで
コツコツと収集し始めたのは確かなコトです。
そして気が付いた時には

「眼鏡は体の一部だよね!」

と言われる所まで来てしまいました(´ω`)
まあ、事実の所もあるのでイイのだけど…w


しかし、そんなネコにも手にしていない眼鏡がありまして。
それは学者AF2のアギュトボードなんですが、入手場所のデュナミスが好きではなく
リニューアル前に細々と通っていた程度でしか行かなかったのと
運に恵まれなかったのもあって取れていなかったのです。

そんな折、たまーにデュナミスで色々と活動している臼魔なEさんらから
デュナミス-ザルカに行かないかと誘われたんです。
そこはアギュトボードが出る場所だったので行きたい所ですが
その時もう0時近く。最近Suimaさんの勢力が強まっていることもあって
どうしようか迷っていたんですが、まあ1時までなら大丈夫だろう…。
そう思って参加してきたんです。


さて、リニューアル後のザルカですが、実は殆ど行った事がないです。
むしろリニューアル前もデュナミス攻略に興味が薄かった為に
ドコソコ拠点と言われても全く解らなかったりするんですけどネ!
そんなお荷物は延長石像の場所も知らないので大人しく待っているしか無いのです(´ω`)

のんびりと乱獲場所に移動して、到着する頃には全ての延長石像を倒し終えてました。
流石に慣れてる人達はスゴいなー。わたしなんてブブリムと砂丘しか詳しくないよw
乱獲場所はウルガラン入り口に近い細道のところ。
ここもアビが弱点となるデーモンが多めに生息しているみたいだね。
踊り子で出てきたので弱点を突く仕事があるから、せわしなくアビを使うことで
寝落ちする危険を回避することができるよ!

できるよ!





…約30分強で意識が飛んでいましたガ。
日によっては全く問題無かったりもするんですが、ダメな時はダメですねーorz
Suimaが強すぎて未来からわたしを呼んでいる(何

しかし、この日は運だけは良かったみたいで
寝落ちする少し前にアギュトボードをゲットすることが出来ましたよ!
つまりは、帽子取れて安堵したら集中力が切れて寝落ちしたって具合なんでしょうね。
何しに行ったんだ、この馬鹿猫は…。
b0004722_1646484.jpg

とっても不甲斐無い形で入手することになりましたが
なんとかFF11での眼鏡グラをコンプリートすることができましたよ。
皆様ありがとうございます(ノω`)


これで、今わたしがコツコツと収集してるのはヘヴィメタルくらいになったのだけど
なんだか合成スキルのキャップが外れるらしいので、情勢を見ながらになると思いますが
合成の方にシフトするかもしれません。
素材倉庫には、そこそこの量の素材が眠っているから、それを消費したいってのもあるけどね。
わたしが合成スキルを上げていた頃からすると、かなり素材価格が変動しているので
それらを調べながらレシピを探さないとダメなので、時間はかかりそうだけどね。

…新レシピに新しい眼鏡が来てたりしないかなー(何

眼鏡全集
[PR]

by Future-truth | 2012-03-20 16:59 | FFXI | Trackback | Comments(2)

Navel JOB :REBORN

何がともあれ詩人にならなければ始まらない!
…ということで、FF14に当たった1.21パッチ実装後
すぐさま新ジョブ「吟遊詩人」を取りに行きましたよッ。

その前に「ジョブとかクラスあるけど何が違うの?」って方に説明を。
まずベースとなっている方は「クラス」です。
これは「剣術士」や「格闘士」などに当たり、それらの武器に精通したカテゴリです。
大きな特徴として他のクラスの一部アクション(アビリティ)を
レベルに応じた一定数付けれるという所かな。
これによって様々なアクションを好きに付け替えて、その戦闘シーンに合わせることが出来る
…という具合。

それに対して特化型になるのが「ジョブ」となります。
名称も「ナイト」や「白魔道士」など、FFシリーズらしいものになります。
その名が冠するイメージ通りの特化型になるので、ナイトはより盾らしく
白魔も回復系の新しい魔法を使えるようになったりします。
代わりにセット出来るアクション数が半減し、特定クラスのアクションしか付けれないので
少し自由度が下がっている所がデメリット。

さて、そんなジョブはベースとなるクラスのレベルが、そのままジョブレベルになります。
なら取ったらもう終わりなのかって言ったらそうでなく、連続クエをこなすことで
新しいアクションを覚えていくという育成スタイルです。
ということで、今回は詩人のクエを全部進めてきたのですッ。


話の内容としては、引退した凄腕弓術士のじーちゃんエレゼンのジョアンテルから
色々と弓術と戦歌の手ほどきを受けつつ、ジョアンテルの過去と過ちを共有していく
といった感じかな。

特に戦歌の設定は細かかったですねー。
主に後方に控えてる弓術士は、前線の様子を良く把握することが出来て
それ故に味方の惨劇も眼にしてしまう訳で。
そこから生まれた様々な感情を歌にして爆発させたのが戦歌であって
切実な感情と魂を乗せたその歌は、大いに味方を鼓舞したそうな。

そんな戦歌も大昔の話。
今では廃れてしまったその歌声を受け継いでいるのがジョアンテルなのだけど
久々に旧知の土地に戻ってきたら、弓の手ほどきを求める人らが押しかけて来て
辟易としていた所にわたしら冒険者が現れたのです。

あとは歌の手ほどき(という名のお使い)をこなしていって
徐々に冒険者の才能を見出してきたジョアンテルが過去の話を紡ぎ出す
…そんなお話。

たぶん過去視の力を使えば話は早かったんだろうね。
それじゃ台無しになるからタブーなんだろうけど!
台無しといえば、各クエのコトを書こうと思ったけど
6つもクエがあるから書いてる間に尋常でない量になって
内容が伝わらなくなって台無しになりそうだから、辞めちゃったw


難易度としては、FF11の初期AF1取りと同じくらいか、少し楽な難易度かなー。
とは言え該当クラスだけでクリアするのは難しいから
他のクラスが出来る人が居ないとダメだから、予め複数クラスが出来るかの確認
もしくは他のジョブクエの人らと合同でやるのが良さそう。
ただ、今は実装直後でやってる人が多いからイイけど
時間が経ったら進めるのは大変だろうなぁ。
ソロで完遂するのは絶対無理だし、手伝い側には旨みが無いし…。

そのうち白魔や黒魔はやりたいと思っているけど
その辺りの問題は、その時になってからなんとかするしかなさそうだね。


さて、FF14の1つの目標であった詩人のAFを揃えることが出来ましたが
計らずしも、またヘソジョブとなっていました(;´ω`)
いや、うん、まあ慣れっこですが…。
b0004722_2195874.gif

FF11の中世的な見た目とは打って変わって
FF14のはとってもファンタジーチックな衣装になってますねー。
こんなに装飾のある服でを弓を引くのは言語道断だと思うけど
これでバク宙しながら矢を射ったりするから、とんでもないですw



そうそう、投げキスのエモを見たいという殊勝なフレが居たので
今回のパッチで常用が可能になったからSS撮ってキマシタヨ。
b0004722_2116318.gif

まー、わたしからはノーコメントだ!(何

他にもう1つエアクオートってエモも追加されたのだけど
それに関してはFF14公式の方の日記に書いておきました。
というのも、SSを加工してGifアニメにしたらどうなのかなーとテストをしたくって。
結果としては、エキサイトブログだと小さなサイズでないとダメだったけど
FF14公式の方は大きいサイズでも大丈夫だったという…。
(ちなみに公式の方でコメントするにはFF14アカウントが無いとダメです)

とはいえ、メインはコッチのブログだから収まるサイズにリサイズして
またGifアニメを作ってみたりするだろうけどねー。

 ※追記
いまさらだけど、武器を非表示にしてSS撮れば良かった!
[PR]

by Future-truth | 2012-03-11 21:24 | FFXIV | Trackback | Comments(7)

スタートラインが見えてきた

弓術士をLv50まで上げてしまおう!
そう思ってレベル上げに参加していたら、あっという間に達成しちゃいました。
なかなか該当レベル帯の募集は無いのだけど、一度参加できてしまえば
40台後半でも一時間に1レベルは余裕で上がってしまうハイペース。
FF11の初期の頃は、もっと時間がかかっていたんだけどなぁ…w

今のFF14でのトレンドなレベル上げは
普通に8人のフルパーティを組んで、レベル3~5くらい上のモンスを倒すんですが
リンクをさせるとリンクボーナスが発生して得経験値にボーナスがあるから
3~5体くらいリンクさせて、それとボコスカやるって具合です。
FF11でもお馴染みなチェーンボーナスもあるので
手際良くやれると1000オーバーの経験値が続いて入っちゃうワケでして。
確かLv49でNEXT経験値100.000必要なんだけど
一体倒すのに1分もかからない戦闘なので、1時間そこらで上がっちゃう
…というコトなんですネ。

良くも悪くも、適量モンスを釣ってきて
あとは8人で適当にワーワーやっていればレベルが上がるイメージですw
気軽なのはイイけど、FF11ほどシビアじゃないからねむk…

ヤバい。
なぜか知らないけど某赤姫さんを見なくなってから寝落ちが多発してきた!


それはさておき(何)
また新しく装備を新調しましたよ。
でも、何故か弓術士が着れる物ってカラーバリエーションが少なくって
あまり凝れないのが寂しいというか、なんと言うかw
b0004722_2241983.jpg

Lv44の時に着ていたのと、殆ど変わらないね!
まだFF14は発展途上まっさか中なので、装備自体が少ないのです…。

けど、次のパッチでジョブが追加されて、FF11でもあったアーティファクトという
ジョブ専用装束も同時に追加されるから、少しは見た目が賑わうようになるのかな?
勿論Lv50にしたのは、そのジョブの1つ吟遊詩人の為なんだけどねw


あとは他のクラスもちょこちょことレベルを上げて色々なアクションを覚えたら
蛮神戦とかをチャレンジしてみようかな…w
[PR]

by Future-truth | 2012-03-05 22:49 | FFXIV | Trackback | Comments(5)