<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

人の最大の武器は─ 【ゴールデンスランバー】

先日、のんびりと読み進めていた小説を読み終えました。
…読み返しもしたから、実に2度読んだことになるんだけど。
いやさ、2度読むと伏線がどの様に張られていたか把握できるし
わかった上で読むと感じる面白みってものあるじゃん?

そんな二度読みした小説は 「ゴールデン スランバー」 。
去年の2010年上旬に同名で映画となったものの原作ですね。
著者は伊坂幸太郎氏です。

この 「ゴールデン スランバー」 は、どちらかと言うと
場の流れというか、シナリオの小気味良いテンポを楽しむ小説かな?
勿論、伊坂幸太郎氏の味(だと思ってる)伏線の張り方もあるのだけど
そっちよりも物語の展開の方に重点を置かれてるように感じられたので。

特に変わっているなーと思ったのは、最初の時点で小説の結末が語られているコト。
宮城で発生した総理大臣の暗殺、その犯人を巡る顛末が物語となるのだけど
一番初めに暗殺事件の数年後に出されたレポート報告から始まるんです。
ただ、このレポートは一般的な見解をまとめたもので
事件の全容を語るものではありません。
故に、これがこれから語られる総理大臣暗殺という異常事態の謎を深めています。
なによりも、当時の警察が追っていた犯人は 「真犯人では無いのでは」 と語られるくらい。
じゃあ、その真犯人を探していくのがこの小説なのか、と言うとそうではなく
如何に犯人と呼ばれた男 「青柳雅春」 が、どのようにして逃走し
何を見て何を思ってのかを描いた小説です。

どちらかといえば地味。
言ってしまえば 「主人公がこんな結末を迎える映画ってどうなんだろう」 。
見るべきは青柳の葛藤と、その友人たちの絆。
決して派手ではないけれど、読み進めたくなる不思議な魅力を持ち合わせる
そんな小説でした。


ところで、小説を読んでて最近思うんだけど
このところ電子書籍の販売が活発化してきましたね。
わたしは小説を読む1人として、ちょっと気になっているのだけど
いまのところ紙媒体の本でイイなーって感じ。
本だと保管場所に困ったりするけど、本当に不要になれば二束三文でも売れるし
いまのモバイル機の画面は読むことに適した大きさに思えないから…。

現状の電子書籍の売り上げ具合がどの程度かはわかりませんが
ただ売るだけでは大きな利益にはならないんじゃないかな?

なんでこんなことを思ったのかと言うと
ロストオデッセイの 「千年の夢」 という短編小説形式のサブシナリオを思い出したから。
この千年の夢ってただの文字の羅列ではなくて、文字に動きがあって
その場の状況を文字が表現するというのが、とても新鮮だったので。
もし、普通の小説とかでも文字が表現をしてくれたら
本を持っていても同じタイトルの電子書籍版を買っちゃいそうだなー
…なんて思ったから。

まあ、その加工の手間や、それに伴っての価格の値上がりあるだろうから
難しいんだろうけどなー。
[PR]

by Future-truth | 2011-01-31 21:41 | 小説・映画

汝、その名は

先日、友人がうちに遊びに来た時の事です。
これ面白いよってしきりに勧めてくるのがあったので
なんだろーと思いながら魅せてもらうと…、iPhone。

ドウイウコトデスカ?

詳しく聞いてみると、iPhoneのアプリ 「Akinator」 が面白いという事らしい。
どんなアプリかというと、思い浮かべた実在・架空を問わないキャラクターを
ターバンを巻いたどこかの外人さんが繰り出す質問に答えていくと
ピタリと当ててしまうというアプリだそうな。
流石に必ず当てる訳では無いそうですが、マニアックなキャラでも当てられたから
なんとかギャフンと言わせたいとのこと。
…というか、どんなキャラを当てられたのやら。

とりあえず、どんなキャラを答えて貰おうかなー?
FF11も結構マイナーだし、もしかしたら解らないんじゃないかな。
なら、あの人にしてみよう!

まず最初に聞かれたのが、男性か女性か。
うん、一応女性だね。
応え方は 「はい」 「わからない」 「いいえ」 「たぶんそう」 「たぶんちがう」
これらの5つから1つを選んで質問に答えていくんです。
今回は 「はい」 ですね。

次は、実在する人物か。
…こんなのが実在したら危なすぎる。いいえ。

今度は、戦うかどうかか。
うん、めっちゃ好戦的だね。はい。

と、こんな感じで進めていくのですが最初のうちは見当違いの質問ばかり。
次第にターバンの人も悩んで顔が真っ赤になっていきます。
やっぱFF11のキャラでは難しいのかな?
そう思ったのも束の間、いくつか質問をこなしていたら…

その人物はファイナルファンタジーシリーズにでてきますか?

唐突の変化球。勿論はいです。
そうするとここからターバンの人が攻勢に転じます…。

その人物は小さいですか?
…はい。

その人物は剣で戦いますか?
…いいえ。

その人物は金髪ですか?
…はい。

その人物は小人ですか?
何故に二度聞くw

すると、答えがわかったらしく、ターバンの人は満を持したドヤ顔を見せ付けながら
そのキャラを答えてきたのでした。


そう、それはシャントット
でも、出てきた画像はディシディアのイラストだったよー。
そっか、ディシディアで知名度を上げたのかぁ。

ちなみに最後にキャラの答えと共に、何回そのキャラを言い当てたかの総計が出るのだけど
シャントットは300くらいしかありませんでした。やっぱマイナーだよね…w

わたしはこの一回しかやらなかったけど、結構面白いアプリでしたよー。
ある程度進んでいくと、もうわかって聞いているだろうみたいな質問も出てくるし…w
次にやるときはレコ・ハボッカでやってみようかな?
まあ、わたしはスマートフォンを持ってないけどね!


 追記
じーにゃさんが、普通にWebでも出来るって言ってたので調べてみたら
普通にWebのAkinatorを見つけることが出来ましたっ。
ただ、ページを開いただけでは真っ白な可能性が高いので
ブラウザのツールバー 「表示」 から 「エンコード」 を選んで
その中の 「Unicode」 を選択する必要があります。

ページのアドレスはコチラ ⇒ jp.akinator.com/
[PR]

by Future-truth | 2011-01-21 20:33 | 雑記

赤猫船長

今頃持ちジョブ最後のコルセアがLv90になりました。
いえね、メインクエを進めるためにカトゥラエをやってたら
コルセア用の装備が沢山流れてきた譲っていただけたので
装備してみたいなーと思ってアビセアで上げてきたんですよ。

で、早速装備してみたら既存の微妙グラでしたみたいな。
何を取れたか書く気になれないくらいガッカリだよ!

そんな失意の中、そういえばAF3は貰っていないコトに気が付いて
ナバーチフラック、ナバーチトリコルヌ、ナバーチガントリーを貰って着てみると…
あれ、もしかしてAF3の中で一番イイ感じなんじゃ?
実はあまり期待していなかっただけに予想外w
b0004722_20364953.jpg

SSでは手のガントリーを装備していないけど
指に大きな宝石が付いた指輪を着けていたり
今までのAFとは違う胸元の着崩しや、眼帯でワイルドさを演出しながらも
各所にあるフリルが飾られていてイイ感じ。

あー、ヤバい。
コルセアに対してモチベ下がっていたけど、これでうなぎ登りかも(ぇ
逆にAF3の見た目があまり良く無かった狩人に対してモチベが下がっていたりするのも
それはそれで困ったものなんだけれどね!
[PR]

by Future-truth | 2011-01-13 20:55 | FFXI

無数な物語とは

すっかり記事にするのを忘れていたけれど
新しいテイルズが正式に発表されましたねー。

今回のは15周年記念…というけど、何が違うのかわからないですが
Tales of Xillia(テイルズ オブ エクシリア)というタイトルだそうです。
一応サイトは出来ていて、ちょっとしたPVを見る事が出来ます。
ルーティ風な格好をした女性と、ロングコートっぽいのを羽織った格闘メインな男性
といった主人公格らしき2人を見る事が出来て
そのPVの途中に今回の主題歌を唄う人の名が。


それは浜崎あゆみ


…めっちゃ意外なのと、テイルズに合うのかって疑問がw
おとーさん犬のCMみたいなのを唄うんだろうか(ぇ
でも、ToD2で倉木麻衣が主題歌を務めたこともあるしなぁ。
ここ最近の浜崎あゆみの曲は聴いていないのだけど、テイルズの主題歌って
かなりシナリオ性の強い物が多い中、どんな物を出してくるのかって興味はあるね。

まだ情報が少ないからなんとも言えないけど
どんな感じのお話しになるんでしょうかー。
わたしの好きな、くだらないスキットとか、沢山あるとイイんだけどなw


 ※ちなみにエクリシアの意味としては、数え切れないほど大きな数を表す英語の 「Xillion」
これをアレンジしたもので 「Xillia」 ということだそーです。
[PR]

by Future-truth | 2011-01-06 00:16 | ゲーム

卯の年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
前年お世話になった皆様と、これから新たに出会う皆様
様々な活動でお手数をかけるとは思いますが、本年もよろしくお願い致します。


てことで、毎年恒例の元朝参り等を済ませてきましたよー。
今年のお御籤は… 「末吉」 。
これもいつも通りだったよ(´ω`)

でも、友人が大吉で、しかもお御籤の番号が1番のを引き当ててた!
初めて見たなあ、一番の大吉って。たしか、若い番号のが良い物なんだよね?
一番イイ大吉を引き当てるとは、恐るべし…。

あとは初売りに行ってみたり、コタツであんこ餅を食べてみたり
アビセアでワーキャーやってみたり、平和に過ごしておりますw
[PR]

by Future-truth | 2011-01-02 13:16 | 雑記