<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

すうじが ふえたひ

スルーしてても、いやがおうにもやってくる。
今年もそんな日がやってまいりました。

昨日をもって、このうだうだ進行しているブログも6年を迎えました。

七月からエキサイトブログに広告が入るようになり
それが原因で移転をしようかなーと思ったけど
広告の文字を白にするという、一応の対処方法でなんとかなったので
あれ以上ヒドい仕打ちを受けなければ居座っていそうです(´ω`)
根本的な対処ではないから、古い記事にはフツーに広告が出るけど…。
難しい方法ではないので、このやりかたを知りたいって方はご一報を。

とりあえず、ブログもFF11もゆるーくやっていくのは変わらないと思います。
FF14は…、人伝に聞く限りではコケそうなので、どうなるかわかんないけどw


そんなこんなで趣味ブログとして維持していくと思うので
よろしくおねがいします_(._.)_


[PR]

by Future-truth | 2010-07-30 16:56 | 雑記 | Trackback | Comments(4)

今のボクには理解できない 【FFXIII】

そういえばFF13をクリアしてました(何

発売から1年も経っていないのに1.300円という破格の値段で投売りされてたので
色々な噂を実体験してみようと思って買ったんだけど
概ね前評判通りで記事にするのも面白くないなーと思ってたら忘れたというかw
あ、でも値段にしては楽しめましたヨ。


さて、まずFF13のダメなトコとして多くの人が上げている
「一本道過ぎるゲーム展開」 ってのですが、確かに終盤まで一本道でした。
殆ど分かれ道もなく、あっても直ぐに合流して一本道にまた戻るって具合で
行き止まりって場所は滅多にありませんでした。
故に仕掛けや謎解きも無くて、ただ邪魔なモンスを排除していくだけ…。
ダンジョンの散策や障害物のクリアという、ゲームらしさが無いのは寂しかったです。

逆に言えば、すごくわかりやすい為にダンジョン攻略は簡単です。
戦闘が難しめなので、そこで時間をかける場合が多いから
ダンジョンは簡単にして進めやすくした…と、好意的に解釈するとそーなりまs


ダンジョンが簡素なら、ゲームを進めるスピードも速くなる訳で
そーするとシナリオを見る頻度が増えるんですが、コッチはどーなのかというと
やっぱりあまりよろしくなかったです(´ω`)

FF7のオープニングを彷彿させるような最初からクライマックスみたいな感じで
物語は進んでいくのだけど、FF7と大きく違うのは 「状況が全くわからない」 というコト。
FF7も不鮮明なトコがあったけど目的はゲリラ活動ってわかっていたし
あとのシナリオで補足があるから良かったんだけど。
FF13では良くわかんないけどドンパチ戦闘やってるから全部倒していっちゃえー^^
あんたら何が目的でそんなに必死なんですかって思いましたよ?
そして目的の場所に着いたらパルスのファルシにルシにされて人生\(^o^)/オワタ
ってみたいに絶望感を振りまいてくれるのですが、専門用語過ぎてナニソレだし
世界観が見えてないのに世界の敵だって言われても、フーンって具合ですた。

まあ、要は説明不足なんだよね。
この最初の騒動の前に切欠となる 「13日間」 というのがあるんだけど
ゲーム中は所々でその内容が明かされていって 「あー、そうだったんだね」
という流れでシナリオの展開がなされているんです。
それが断片的なのもあって、何でこの人はこんなに怒ってるんだろうとか良く思いました。

あと、最終的な敵役さんに終始踊らされまくってて
どこまでが主人公らの意思で、どこまでが敵の思惑なんだろーってのもあったなぁ。
そして、ラスボスは倒したらマズいって言われているのに
その打開策を見出さずに倒してしまう始末。
もう行き当たりばったり猪突猛進w
更にエンディングは超展開と超抽象的演出でユーザーを遥か彼方に置き去りにすることで
具体的な評価を避けることに成功した!  …みたいな。
ある意味終盤のシナリオ回しは必見。

私的にはもっと序盤で 「13日間」 の全貌を明かしてよかったんじゃないかなーと。
例えば最初のライトニングとサッズの共闘している間に
ライトニングの13日間の回想を明確的に挿入していくとかさー。
シナリオとしてはそこまで悪く無いと思うので、展開のさせかたを
もっとシンプルにすればよかったと思います。
…終盤のトンデモ以外は。
謎が謎を呼んで謎で終わるんですから。


戦闘は難易度が高かったものの、全滅してもノーリスクにエンカウント直前からやり直せるから
色々と試してみたりすることが出来るのはスゴくよかったかな。
何気に弱体魔法も結構重要性を持っているから、しっかりと相手に応じて対処すれば
比較的なんとかなる場面はありました。ならないトコもあったけd
不満点としては、敵の情報での属性以外のアイコンが弱点なのか耐性なのかがわかりにくい
増援をする敵の頻度が高すぎる、自爆まんせーすぎる、メンバー変えるとオプティマが初期になる
といった感じかな。それ以外はイイ戦闘システムだと思ったよ。


ってとこで総評するとしたら
「全てにおいて噛み砕くトコまで行かないと理解できないスルメゲーム」
そんな感じでしょーか。
ムービーゲームとも称されるけど、これよりヒドいムービーゲーム知ってるし
(あれ、それもスクエニのゲームだw)
ゲームとしてそれはどーなのって部分もあるけれど
全体としては酷評するほどではないのかも?

ただ、相当時間をかけてた割りに普通以下だったのと
ファイナルファンタジーってブランドもこの程度かって思ったのは事実。
みんな色々なゲームや読み物にドラマで多くの既視感を得ているので
そういったのを回避する試みはイイですが、その手法が飛び抜けすぎているのも
それはまた問題なんだねーと実感させてくれるゲームだったのでした~。


[PR]

by Future-truth | 2010-07-27 19:29 | ゲーム | Trackback | Comments(0)

新境地への到達

苦節数年。
とうとうわたしは限界を突破してしまった。

それまでは 「このくらいで大丈夫だろう」 と思い、特にこれ以上増やそうと思わず
実際手持ちだけでやりくりが出来ていた。

しかし状況は一変する。
バージョンアップにより大きく環境が激変し
多くの人達がより上の高みを目指すようになっていた。
その大きな流動に対応する為に、わたしは1つの決断をしたのだ。


今の限界を超える──


思い立ってからは早かった。むしろあっけなかった。
しかし、これによって新しい世界が開ける事となるのは確かだった。

そして、いま、実感をする。
その限界の突破が如何に大きなものだったのかと。

そう、わたしは新たな新境地を手に入れた。

鞄の要領70という充実を…!




鞄の最大要領80のご時勢に、何を言ってるんだって感じのフツレです。こんにちは。

いえね、今まで鞄の要領は60だったんですよ。
でも、レベルキャップが開放されたことだし装備も増えそうだなーと思って70にしたんだよね。
60でもやりくりは出来ていたけど、若干苦しい時もあったから70になると楽だね!
サッチェル分も含めると20個も多くもてるんだし、快適すぎるw

とはいえ、これからもレベルキャップは開放されていくので
良くも悪くも装備は増えていくから70で足りるかはわかんないよなぁ。
いくらわたしの持ちジョブだと使いまわしが効きやすいとは言えね。

…殆どの人にとっては、今更かよって感じでしょうけどっ(;´ω`)


あ、あと、やっとのことでモグハウスの改装が完了したよ。
1つ作りたい調度品があったのだけど、特産品限定の素材を使うために
そのリージョンが3国いづれかが支配してくれるのを待っていたんですよ。
まあ、なんでか一ヶ月は獣人支配続いていたんですが…。

それはさておき、完成したモグハの使用調度品の数を数えてみたら
なんとまぁ、よくそろえたと言った具合の50個も設置していました!
つまり、普通に使える金庫の要領は30しかない現実。
初期の金庫より小さいのは気のせいでs

一応、モグの応援は裁縫になっているし
余裕で収納スペースは80を越えているから
そこそこ実用性はあると思うんだけどね。

折角サインボードを貰えたので、外観はお店な感じをイメージしています。
まあ、カウンターらしき物を置いただけでもあるけど…w

b0004722_1626964.jpg


そんなカウンターは9Dアルミラー製。
カラーは裁縫の応援を得る為に黄色なのが少しネックだけど。

b0004722_16273673.jpg


そのお隣は観賞用(?)のスペース。
ル・ルデオーキッドもイイなーと思っているので
ココはそのうち様変わりする可能性があります…w

b0004722_16305391.jpg


カウンターの対面側のスペース。
イメージとしては応接するトコロと言うような。
机の上にあるのは、クッキーと紅茶とババロアとクリスマスの何かです(ぇ

b0004722_16323490.jpg


屏風の奥側にあるのは寝床です。
このハンモックみたいなベッドを作りたいが為に、高地エルシモの支配を待ってました…。
てか、このハンモック。ネコSサイズでもギリギリな大きさのようなw


こんな感じで、結構所狭しと色々置いてあります。
ですが、残念な事にイスに座るとか、ベッドに腰掛けるとかのエモが無いから
結局は地べた座りの/sitエモでしか寛げないのがなぁ。
そーいった、妙なトコの追加もして欲しいと思うのだけど
今の開発にはそんな余裕は無いんだろうなーと思う、フツレなのでしたー。


[PR]

by Future-truth | 2010-07-21 16:37 | FFXI | Trackback | Comments(6)

三回まわってニャン 【FFXIV】

最近、フレでFF14のβテストに当たっている人が急増していますが
わたしはいつも通り平穏な毎日です。こんばんは、フツレです(´ω`)
もしかして、ココで散々スクエニをバカにするような発言しすぎたのが原因…?w

そんなFF14はやっとβが始まって、各地で色々な悲鳴が飛び交ってるみたいです。
特に必要スペックが高い事もあって、並のPCではなかなか動かないってのが多いみたい?
あとはお馴染みログインオンラインとk
UIの悪さも健在みたいだし(ログウィンドウ1つしかないとか)。

まだテストの段階ってのもあるけれど、既に発売日を発表しているし
本当にこのままのスケジュールでサービスインできるのかなって思うなー。
大人しくちゃんとした物が出来るまで作ればイイと思うけれど
オトナの事情で強行しているんでしょうね。
FF11もそうだけど、発売時期に恵まれないなw


そんな荒んだ現状に、一陣の風が。
YouTubeにミコッテのエモ動画が上がっているだと…?
本当はこの手の動画は見ないで我慢していたのだけど
わたしがプレイできる見込みのPS3版は来年3月となってしまったので
それまで我慢できそうになくて、結局見てしまいました(;´ー`)

で、その感想は 「ミスラ以上に狙ってるなぁ…」 ってな具合。
ミスラもミコッテもそうなんだけど、狩猟民族らしさが無いんだよね。
可愛らしさだけを強調しているから、見る人によってはぶりっ子みたいな。
もっと渋いというかクールというか、そういった部分も欲しいのだけど
それはエレゼン♀の分野なんだろーなー。

あ、尻尾の動きとかもみt(げふん


こうやって実際に動いているのを見ると、やってみたくなるねw
他の種族・部族のエモも見てみたいなーと思うし。
期待感はあるけど、言いようの無い不安感もあるのは事実ですがっ。

とにもかくにも、どこかの過去にしきれなかったMOのように
盛大にコケてしまわないで、なんとかサービスイン出来るといいですねー。


 ミコッテのエモ動画(YouTubeのは消えたので、ニコ動のとなります)


[PR]

by Future-truth | 2010-07-14 20:24 | FFXIV | Trackback | Comments(8)

それは異世界からの招待状

ココ最近、白門のシャウト内容が一変しました。
それまではサルベージやナイズル、野良デュナミスにメイジャンとMMM…。
コンテンツが数多くあるFF11らしく多種多様なものでした。

ですが、バージョンアップから数日経った頃からでした。
それまでのシャウトを押しのけ、シャウトを聞けば多くの場合はこの内容
そう言っても誇張ではないくらい1つのコンテンツに占拠されました。
たくさんの人が惹き付けられ、シャウト内容を一変させてしまうほどの力を持ったもの──

それは禁断の地、アビセア。

一度足を運べば戻ってはこれなくなるトコロ。



こんにちはアビセアン。
わたしもアビセアンなフツレです。

いま、アビセアが大人気ですね~。
一応課金コンテンツなのに、多くの人が購入しているような?
前の課金クエは散々だったのを反省したのか、飴がかなり魅力的だってのもあるけど。
どれだけの飴かというと、人によっては4~5時間でLv75からLV80になるくらいです…。

これがどんなにスゴいコトかというと、Lv75貯金無しからLv80貯金無しまで
必要経験値が225.000という膨大な数値です。
既存のLv75超鉄板高速メリポで時給3万ほどなので、これだと7時間半必要になります。
しかもこの数字はジョブをめっちゃ絞っての数値なんですが
アビセアだとかなり緩い制限でも時給3万を超える事は可能なんですよ。
鳴れと突き詰めで更に上げる事が出来るので、4~5時間でレベルキャップ!
…なんて芸当が出来てしまう訳です。

これが出来る理由ってのが、アラでモンス倒しても経験値が減らない
という特殊な仕様がある為なんです。
それに加えて同じ名前のモンスを倒し続けると経験値ボーナスがあったり
色々な付与仕様によって倒せば倒すほど経験値が上がる仕組みなために
最初は1匹80なのが、100になり300になり600になり…。
どんどん肥大化していくんです。

うん、まあ。仕様を理解しての上での結果なんだけど
そこまで難しいコトはしないので、やることは簡単。
でも、まだ仕様が完全に解明されていないのもあって
確実にそこまで美味しくなるって訳では無いのがミソ。
失敗しても普通に経験値が稼げるので、敷居は低いと思います。

ってことで、もう狩人と学者のレベルが80になったよ!w
なので今度は詩人を上げている最中です。
連戦続きで戦闘が大変なのは事実だけど、高速メリポの後衛役よりは
まだ楽なのがイイですねー。

けれど、問題もあります。
…このコンテンツって経験値が美味しいだけ?

経験値を稼ぐだけなら敷居は低いほうです。
でも、NM対峙ってなるとハードワークみたいです。
今後更にレベルキャップが上がっていくのを想定して強いNMが居るのかもですが
それ以前にNMをわかせる作業が大変。
下位のNM倒して、たまに取得できるだいじなもので中間NMを倒して、まだだいじなもの。
その中間NMのだいじなものを複数揃えると上位のNM出てきて、まただいじなもの。
上位のNMのだいじなものを全て揃えると、やっと最上位のNMって感じ?
一部のNMはやりやすいみたいですが、経験値面以外はかなりの廃仕様です。

一般層と廃層、どっちも満足できるコンテンツと言えば聞こえはイイけど
一応課金コンテンツなんだから、もう少し多くの人が希望を持てる内容だったら良かったなぁ。
まあ、一般層はレベルキャップ開放を待ってねってコトなのかもしれないけd

こうなると次の課金コンテンツは、どういった手で来るのか気になるね。
公言されていたAF3は来るとは思うけど、その入手難易度とか…。
AFって性能云々ではなく、見た目で欲しいって人も居るだろうから
そこまで難易度が高くないと嬉しいですが、どうなりますやら。


[PR]

by Future-truth | 2010-07-12 17:32 | FFXI | Trackback | Comments(0)

頂は未だ見えず

今日も今日とて、のほほんとログイン。
特に予定も無いけど、何をしようかな?


b0004722_20131315.gif< ふつれん、レベル上げに行かない?


めずらしく即釣りされました…w


バージョンアップでレベルキャップが外れましたが
わたしはまだレベル上げらしいレベル上げをしていないので、軒並みLv75~76です。
学者でストーン5とか、狩人でダブルショット使ってみたいとは思っているけど
最初の一歩が踏み出せないというかw
なので、丁度いい機会だなーと思って参加してきましたヨ。

狩場はメジャーどころのMMM!
何気に経験値稼ぎでは殆ど使った事が無いんですよねー。
構成としては前衛・後衛どっちでもイイ状態とのことなので狩人出勤。
ウワサのLv75MMMがどんなものか確かめさせてもらいますよっ。


まず最初にしたことは、おもむろに鞄から指輪を取り出し、それを使うこと。
その指輪の名は 「アライドリング」 …!
ボロ鯖では全く発生する気配の無かった無影でしたが
バージョンアップ週にアライドリングが貰えるように発生したんですよー。
恐らく狙ったんだろうけど、そういうトコだけは力を発揮するよね。ボロ鯖ってw

肝心のモンスの方は、バードオンリーのタビュラに四面楚歌が付いたものなので
死鳥やコウモリにコリブリなど、狩人には嬉しい相手ばかり!
…といっても、無駄に撃ち続けてるとタゲ取るから調整しないとダメだけどね。
でも、案外それが難しい。ギリギリのラインで削らないと意味がないし
かといってタゲ取れば迷惑をかけることになるし。
まあ、思い通りに調整できたりすると楽しいんだけどねw

最初のMMMは、特に問題無く殲滅完了っ。
ポツンと現れた箱を開けると、これで終わりって訳ですね。


 Futureは、14480の経験値を得た。


一万オーバーだって…?
アライドリングは獲得経験値+150%だから多くなるのはわかっていたけど
こんなに貰えるなんて思ってもいなかったなー。これは流行る訳だよね。


それじゃあ、続いて次も行きましょーってコトで第二ラウンドです。
今回も同じタビュラなのでバード類でいっぱいw
サクサクと一種類目のコウモリは方付けて、二種類目の死鳥に取り掛かった時です。
1匹釣れてきたのでタゲって戦闘態勢に入ると、岩陰から追加の1匹。
そしれ思い出したかの様に更に1匹連なって参戦してきて
たぶん、良くわかってないけど付いてきたのが1匹で計4匹が一気にリンクしましt
そして成す術もなく崩れる釣り役だった赤じゃりさん…。
不測の事態で浮き足立っているパーティに容赦無く痛烈な追撃を浴びせる死鳥。
あー、なんかヤバくない?

なんとか寝かせつつ数を減らしていきますが、若干強行軍気味での進行なので
MPの残量が心もとなく、かつ範囲睡眠を使える人が居なかったぽいので
徐々に死鳥たちに押され次第に力尽きていくメンバーたち。
これはまさかの全滅コース…。

いや、そう簡単には諦めません。
たとえ最後の1人になろうとも、逃げる事を選択はしないのだ!

…って思っていたら本当に最後の1人になりました。
さて、どうしたものか(ぇ

状況としては、1対1でわたしはHP400ほど。
対峙している死鳥は残りHP3割くらい。
乱れ撃ちは既に使用済みで再使用は望めない状態。
TPはあと3発当てればサイドが撃てるくらいにはあります。
それが撃てれば起死回生になるはず。
普通なら蝉を効かせてる間に逃げるんでしょうが
コルセアで7や8でもダブルアップするわたしに逃げるという選択は無いんですよ…ッ。
さあ、かかってくるんだ最後の死鳥!(周りにまだ沢山飛んでいるけど)

と、そのまえに蝉は安全に張っておきたいよね!
てことで、一旦影縫いでクールダウン。
さっきの勢いはどこいったと言われそうですがキニシナイ。
リキャストの具合を見て、交戦中に再使用が出来そうになってから
遠隔攻撃で死鳥を呼び寄せて攻撃開始っ。


 死鳥の攻撃 ⇒ 幻影がFutureの身代わりとなって消えた。
 Futureの遠隔攻撃 ⇒ 死鳥に160ダメージ。
 死鳥の攻撃 ⇒ 幻影がFutureの身代わりとなって消えた。
 死鳥の攻撃 ⇒ 幻影がFutureの身代わりとなって消えた。

 死鳥のヘルダイブ ⇒ Futureに400ダメージ。
 Futureは、死鳥に倒された……。



遠隔攻撃のあと、ダブルアタックされて蝉が剥がれたところに即ヘルダイブされて
本当にあっという間に倒されました。これなんて見事な噛ませ犬?
ということで、一矢報いる事できずに全滅してしまったのでしたorz


まあ、釣り失敗くらいは誰もが通る道!
気を取り直してこのあとに何度かMMMに行って、3万くらいは稼いだかな?
フレらとの身内パーティなので、ゆるーくやりながらも美味しい経験値が得られるのはイイなー。
問題はゴールデンタイムだと入り口の井戸が通信拒絶することだけどね!w


そんなこんなで、数年ぶりにレベル上げを再開したフツレ。
このMMMでも充分美味しいじゃないか!
そう思っていたところに飛び込むLPからの会話。
それが新たな刺激の充足とは、その時に知る由はなく
黒き世界からの招待状がひっそりと受け渡された瞬間だったとわかるのは
もう少し先の話なのでした…。


[PR]

by Future-truth | 2010-07-07 21:06 | FFXI | Trackback | Comments(0)

新天地は9月に開かれる

あまりにも突然の事で驚きました。
そろそろβテストが始まるかなぁって思っていたFF14なのですが
発売日が公式に決まってしまったようです。

まー、出来ても年末かなと思っていたのですが
正式サービスインは2010年9月30日と、思っていたよりはずっと早いじゃないですか!
うわーい。これならβテストに参加しなくても、この日まで待ってPS3で参加すればいいやw
そう思っていたら、ささやかにこんな事が書いていました。


 PS3版は、2011年3月を上旬を予定しています。


…つまり、9月から出来るのはPC版だけ。
うーん、結構なスペックを要求するのに、PC版だけで始めて大丈夫なのかな?
とりあえず、わたしは様子見をするつもりです。
PCのスペックは全く持って足りていないし
周りのフレらがPC版からスタートするかも怪しいし。

それにしても、PS3版が半年後ってのは遅いねー。
色々なイベントにPC版の試遊台を出す為にPC版だけはりきっちゃったんだろうな~。
これが12月に… とかだったら、まだPS3版を待つってのもあったのだけど。
まあ、何にせよスムーズにサービスインできるといいね!


 リンク : FF14公式

[PR]

by Future-truth | 2010-07-01 13:08 | FFXIV | Trackback | Comments(2)