<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

その身を激昂に染め上げて

はじまりは、何だったのだろう?
運命の歯車は、いつまわりだしたのか?
時の流れのはるかな底から
その答えをひろいあげるのは
    今となっては不可能にちかい……

だが、たしかにあの頃わたしたちは
  おおくのものを愛し
        おおくのものを憎しみ……
 何かを傷つけ
       何かに傷つけられ……
それでも、風のように駆けていた
 青空に、笑い声を響かせながら……





b0004722_2143811.jpg





とうとうNM狩りから開放されたフツレです、こんばんは(ノω`)
出たときは嬉しさよりも、これでもうココに通わなくてイイんだって思いの方が強かったです…。
なんたって、少なく見積もっても25体は同じNMを倒したからねー。
若干当初の目的を忘れて、とりあえずNMを倒すって感じにもなってたし
何もドロップしないってのが当たり前すぎて色々感覚が麻痺ってたかも。
にしても折角色のバリエーションある装備を実装したんだし好きに変えさせてくれればイイものを
それさえも性能差に結びつけて取得難易度を上げるふj(自粛

…ということで、喜び勇んでエボンタラーをフリアタラーにしてきましたよ。
全ての装備を赤くするのは詩人では難しいので
手持ちの装備でフリアタラーに合うような物をチョイスしてみました。
b0004722_21173688.jpg

タラー系は袖が絞まってあるのが私的にネックだったので
トレダーカフスで無理やりそれっぽくしてみました(;´ω`)
脚はスリムな感じを出したいならクロウホーズもイイかなーと思ったけど
手持ちであるマルドゥクシャルワで充分だーって思ってそのままです。
まあ、わたしのセンスはこの程度だ(・ω・)


それにしても、ドロップは良く無いとは聞いていたけど
ココまで出ないのは予想外だったなぁ。
フリアピグメント1個出るまでにエボンピグメントは4個出たけれど
エボンの時点でドロップ率が悪いような。トレハンなしだとこんなもの?

なににせよ、暫く自発的にNM狩りをする事は無いだろうなー。
おなかいっぱいです…w
[PR]

by Future-truth | 2010-04-30 21:27 | FFXI

1人の為に 【NieR】

その手にあるのはツルギ。
目の前のニンギョウ。
目前にあるのはマモノ。
仮初めに宿るキョウフ。
振るい、応えるのはツルギの呼応とマモノの鮮血。
貫かれ、応えるのは死への躍動と粘つく血のヘドロ。
朽ち行くマモノに向ける意識も無く、ただ男はひたすらに前だけを目指す。
入れ物は寒気がする様な音を立て、何も無いトコロへ堕ちてゆく。
世界の為などと掲げるつもりは無い。
世界の為などと掲げるつもりは無い。
全てはヨナの為、振るう。
せめて彼の為、朽ちよう。


先週からPS3のゲーム、ニーア レプリカントを始めました。
販売元がスクエニってことで警戒していたんだけど
開発元がドラッグオンドラグーン(以下DoD)を作ったキャビアだったので
もしかして期待できるんじゃないかなーと思って、発売日に買っちゃいました。

どんなゲームかというと、まあ普通のアクションRPGかな?
ニーアという青年が妹のヨナの病気、黒文病を治すために奔走するのだけど
何故か最終的には世界規模の大きな敵と敵対する事になるっていう、よくあるお話しです。

って聞くと魅力が薄いのだけど、このゲームの一番の特徴はそこではなく
シナリオの展開がとてもブラックであろうということ。
DoD、DoD2はマルチエンディングだったのだけど
1つしかまともなエンディングなかったくらいだし。
PVでもそれらの雰囲気を感じるところがあったから、今回のニーアもあそうなんだろうなぁ
…って思ったんです。

そして、実際に買って進めてみたんですが~
あまりにも普通のシナリオで肩透かしを受けましt
過激なの血の描写とカイネの発言くらい?
カイネはピー音が入るよーなセリフを良く言うくらい過激で若干引きますが(´ω`)

じゃあ、ゲームとしてはどうなんだって言うと
一部のダンジョンでは横スクロールなアクションゲームになったり
狭い部屋では見下ろし型になっての戦闘になったり
ある街でのイベントはサウンドノベルでシナリオが進行したりと
色々な試みがなされていて、そういう点ではイイと思います。
でも、難易度はかなーりヌルいかな…?

槍が使い勝手いいなぁと思って使っていたら、性能の良い槍が店で売られてて
それを強化したら驚くほど強くなってしまって。
あとはその槍でボスをちょいちょい突いたら、すぐに倒せてしまったー… みたいな。
気が付いたら一週目のラスボスも、大して苦労せず撃破していました。
いいのかなー。こんな武器がシレっと売られてて。


ということで、1つ目のエンディングまで終了したのだけど、どーも釈然としないなぁ。
所々ブラックなのがあるのは事実ですが、展開が唐突過ぎるのと
前置きや感情移入するエピソードの部分が薄すぎて
「ああ、亡くなってしまったのねカワイソウ」
そんな程度なのばかりだったような。
終盤で一気に話がひっくり返るのも、その内容をわたしは予期していたしなぁ。

DoDでのカイムとアンヘルの強い絆の物語の代わりが
ニーアと白の書と思うけど、ココも希薄だったしなー。
2人の掛け合いは面白いんだけどね。

現時点で総評すると、見事にまた地雷踏んじゃった\(^o^)/って感じw
エンディングはあと3つあるし、2週目からは若干視点が違う形があるみたいだから
もしかしたら挽回する可能性もあるかもしれないですが…。
まあ、DoDみたいな展開を期待すると、最低でも一週目は大いに裏切られるのは事実かも。
せめて戦闘部分が面白ければよかったんだけど、今回はただの連打ゲーになったのがなー。

一応、全てのエンディングを見ようとは思いますが
わずかでもわたしの期待に応えてくれるような内容だとイイな…。
[PR]

by Future-truth | 2010-04-27 21:48 | ゲーム

届かぬ想い

最初は何気ない切欠で始め
5に至る時は 「こんなものだよね」 と思い
10に届く頃に数えるのを辞める。
15となると意地となるが
20を超えると悟りを開く。



b0004722_18162734.gif< フリアピグメント? ああ、未実装だよ



ここ最近、ずっとNM狩りをしているフツレですコンバンハ。
何を倒していたかと言うと、過去の西サルタに現れる Tiffenotte というNMです。
エボン系の装備を赤く染める染料であるフリアピグメントを落とす
…らしいですが、どれだけ倒しても落としてくれません(´・ω・`)
前書きの様に倒した数を数えるのを辞め、TP技でしてくる睡眠対策に使っている
エルシモパキラの消費量から逆算すると20にはなってるんだけど…。

狙い始めたのはバージョンアップがあってから少しした頃から。
何組かライバルを見かけたりしていますが、いずれも数日中に見なくなりました。
つまり、そういうことなんですね(ノω`)

もー何かトリガーとかあるんじゃないかと思うくらいだなぁ。
先日おずさんと、じーんさんに手伝ってもらったけど出なかったし(トレハン2有)。
そんなに出ないのを頼むのも気が引けるし、やっぱソロでコツコツかな…?


それにしても、わたしはメイジャンの試練をやる気ないわー
なんて言ってたのに、それに近いことをやっているんだよね。
一応2時間POPのNMだけど、討伐数は20オーバー。
ってことを、ぺろぺろさんに言ったら


b0004722_1811318.gif< NMコースのメイジャンなら終わってるんじゃ?



b0004722_18162734.gif< かもしれない;



しかも得るのは服の染色。
うん、まあ、わたしいらしいっちゃそうなんだろーけど。
NMの姿がピクシー族ってコトで倒すのも若干気が引けるのもあるし
早くフリアピグメントを落としてくれないかなぁ。
コレは悪いピクシーなんだ!
って思い込みながら倒している始末なのでorz
[PR]

by Future-truth | 2010-04-23 18:15 | FFXI

それが真実だとしても、ハイジはハイジだよね

突如として世界を揺るがした1つのニュース。
それは、多くの人が知るであろう物語の真実。
かの地では大きく報道がなされ、その反響は紙面に踊る


 「神話の崩壊」


という一文が表しています。
古くからある物語であるのにもかかわらず、今、こうして疑惑が上がり
それがニュースになるというのだから、それだけ有名だということなのでしょう。

その疑惑とは、「アルプスの少女ハイジ」 は盗作だったかもしれない…
というものなのでした。




b0004722_19264848.jpg


< わ、わたしは何も知らないんですぅ~




b0004722_18453132.gif< あなたは関係無いから…




久々の時事記事ですが、上のネタをヤリタカッタダケーです。ごめんなさい(;´ω`)

日本ではアニメで有名な 「アルプスの少女ハイジ」 ですが
その原作であるヨハンナ・シュピリ氏の小説 「ハイジ」 に盗作の疑惑があることを
ドイツの文学研究者ペーター・ビュトナー氏が発表したことに端を発します。

ビュトナー氏によると、シュピリ氏の小説 「ハイジ」 が
それよりも50年前に発表されたヘルマン・アダム・フォン・カンプ氏による
「アルプスの少女アデレード」 に酷似している、ということを偶然発見したそうです。
話の筋書きや描写が似ていることから、少なくともシュピリ氏はカンプ氏の著書を
下敷きとして小説を書き上げたのでは、と言っているようです。

ハイジという名前で慕われていますが
彼女の本名はアーデルハイトであり、ハイジはその愛称です。
そしてドイツ語では高貴という意味であり、アデライード、アデレード
アリス、アリシアなどに対応しています。

つまり、ハイジという名前もカンプ氏のアデレードをもじった物でもあるので
そのほぼ全てがシュピリ氏がオマージュ、もしくはパクったというのを示しています。

とはいえ、もしかしたらシュピリ氏がカンプ氏に了承を得て書き上げたりして
盗作ではなくてリメイクだった可能性もある…んだよね?
流石にそういう細かいところまでは解らないようですが
真実としては、アルプスの少女ハイジはオリジナルでは無い可能性が高いということです。

私的には今頃そんな事を公表して何になるのだろうとは思いますが
1つの物語として完成しているのだし、このことで変な方向にバッシングが発展して
物語自体を貶める様な事にはならなければイイなーと思います…。


ちなみにシュピリ氏の小説 「ハイジ」 は、宗教の信仰心を説く描写が多くあり
日本アニメのハイジのように、友情物語とは一風違うものとなっているので
この件で原作に興味を持って、アニメみたいなハイジを期待して読むと
スゴく違和感があるかもしれない、とのことです。


 Yahooニュースの記事 ⇒ headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000477-yom-soci

 FF11の過去に登場する学者Adelheid Sturm(アーデルハイト・シュトルム)は
  その名前からハイジと愛称で呼ばれています。
  そして、バストゥークの主要人物にKlara(クララ)が居る事から
  恐らくは元ネタはアルプスの少女ハイジではないかって言われています。
[PR]

by Future-truth | 2010-04-13 19:31 | 雑記

Second Frontier

衝撃のFF14αテスター発表から早一ヶ月。
その反面、殆どテストに関する情報が出てこず
あの発表は何だったのだろうと不安を過ぎる最中
唐突にクライアントダウンローダーの配布が開始され、あれよあれよと始まったαテスト。
しかし、それは新天地を目の当たりにする新しい衝撃を充足するものではなく
既知の衝撃の充足でしかありえないのは、わたしたちは知る由も無かった。


そんなこんなで、どうやらFF14のαテストが4/8木曜日に行われたらしいですね。
わたしは見事にテスターにハズレ、というか応募してなかったので参加してないけど
フレに3人もテスターが居るから、そこから許容範囲内で情報は得れるからイイですが…。
とはいえ、あまり書く規約に抵触しそうなんだよなー。

と思っていたら、丁度良いソースがありました。
ファミ通GAME WatchITmedia Gamezと、軒並みweb記事にテストの内容があるので
どんな感じだったか見てみると雰囲気を掴めました。

わたしが方々から得た情報をすごく簡単に要約すると…


 ・現段階では、各種族1部族しか選べなかった。
 ・ミコッテだけは選択すら不可能。
 ・とてもとても重くてテストどころではなかった。
 ・開始場所はリムサ・ロミンサしか選べなかった。
 ・色々と日本語が多くなった(ステータスやNPC名)。



うん、まあ、一番最初でしかもαテストだから重いのはしょうがないのかもね…。
その辺りはテストを重ねる毎に良くなっていくはず ───だよね?

それにしても、なんでミコッテが使えなかったんだろう。
単純にPCがキャラメイクが出来るほどバリエーションが出来ていないのか
それとも選べないこと自体が不具合だったのか。
私的にはミコッテとルガディンに期待しているので、ミコッテの情報が出ないのは寂しい(´・ω・`)
Pの人曰く、可愛かったよと言ってるし…っ。

さて、こうなると次のαテストも気になるところですが
ツイッターにて田中プロデューサーがこんな発言をしていました。



 αは開始した……!開始したが…
 今回 まだ その回数と期間を指定まではしていない。
 そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい。

 つまり……我々がその気になれば二回目は10年後
 20年後ということも可能だろう………ということ…!


 (来週火曜の予定です)




その手のネタが好きだね、たなPさん(´ω`)

FF14の公式で5種族とそれぞれ2部族の紹介も出ていて
色々とエオルゼアの雰囲気を楽しめるようになってきているし
YouTubeで失笑気味なナレーションのついた紹介動画が連載予定だったり
徐々に勢いの増してきたFF14。
まだ全貌が見えないだけにかえって興味が惹かれますが、この先、良い具合に進むとイイね。
[PR]

by Future-truth | 2010-04-10 13:57 | FFXIV

発掘大作戦

ひょんな事からフレらと始めたサルベージ。
みんなの都合やらで活動が出来ない時期もありましたが
開始から結構な月日が経ち、とうとう初の装備作成者が現れました!



…うん、わたしなんだ。すまない。



野良でやっていた頃に、15と25装備を取得済みで
今回反復練習として通っていたゼオルム遺構でドロップした35装備を頂けたので
2つ目のサルベージ装備が完成したのです。
メンバーのみんな、ありがとう(ノд`)

何が出来たかと言うと、コチラ。
b0004722_1823822.jpg

 スカディショウス
 防28 命中+4 攻+5 飛命+4 飛攻+5 ストアTP+7 ヘイスト+2%
 コンビネーション:クリティカルヒット+
 Lv75~ シ獣狩コ


あまりにも詰め込みすぎて、ナンダコレ状態の性能です。
ヘイスト・命中には白虎佩楯、飛命ではダスクトラウザに劣る事になりますが
ストアTP目的では、現状この装備を上回る物は無いんじゃないかな…?

かく言うわたしもストアTP目的でコレが欲しかったんですよね。
コブラハーネスもあるので、この2つだけで銃以外の遠隔武器で1振り減らせるのは大きいなぁ。
エウやオティだと6回当てればTP100越える事になるんです。
ここから更に5振りにするとなると、サポ侍や滅鬼砕鬼が必要になるけれど
侍を上げる気力も無いし滅鬼砕鬼を取るアテも無いから
あとは敵対心マイナス装備で揃えようかな…。

ちなみに、現状の装備はこんな感じ。
あとオマケという名の必要ストアTPの自己メモw


 頭 : ウォーベレー+1 ワイバーンヘルム
 胴 : コブラハーネス 弓道着
 手 : 青龍篭手
 脚 : スカディショウス
 足 : スカウトソックス
 首 : キキルンカラー
 耳 : 素破の耳 フェユピアス
 指 : ベヒモスリング(STRオーグメント) x2
 背 : アメミットマント+1
 腰 : バッカニアベルト
 武 : フランシスカ クリークスバイル
 遠 : エウリュトスボウ オティヌスボウ



                隔       6      5       4
 エウリュトスボウ   490+ 90    STP13   STP36   STP69
 セレーネボウ     540+ 90    STP10   STP32   STP65
 フェイル(重藤改)   582+ 90    STP8    STP30   STP62
 オティヌスボウ     432+192   STP10   STP32   STP65
 マーシャルガン    612+240   STP0    STP20   STP49



頭を何か別なのに変えたいなー。
性能的にはジャ・ゴ・バルバトなんだろうけど、見た目的に無理(´ω`)
あとはダイアの兜だけど、コッチはモグ祭り自体に興味ないからスルー。
ってなると難しいんだよなぁ…w
まあ、のんびりと探していこうかなー。

とりあえず、見た目が不評なサルベ装備だけれど
そんなに悪い見た目じゃなくて良かったなw
[PR]

by Future-truth | 2010-04-05 19:33 | FFXI