<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

【学者】晒してみた【動画】

わたしはPC版でFFXIを遊んでいます。
そこそこのスペックを持っている(?)PCなので、ちょっと裏で別な物を動かしていても
そんなにFFXIに影響が出たりしないんだよね。
なので、ちょろちょろと動画を撮っていたりします。

でも、撮るだけでフレらには見せる機会が無かったので、ホントに撮るだけだったけど
ちょっと勿体無いなーと思って編集方法とかを調べていました。
そして先日、ネット回線が無い時にボチボチ編集をして昨日完成しました。

ってことで、ニコ動に投稿してみた。今は反省している(´ω`)
流石にフレらを晒す訳にもいかないので、わたしだけが写っている動画
かつ多少UPする意味があるものとして、学者限界の動画を上げました。
一体目を倒した後の動揺具合をお楽しみください(ぇ

どういう意図での戦闘進行かは、その時の記事を参考にしてもらうとして
気が向いたら動画の編集はしていくけど、他の人が写ってる動画はUPするつもりはないです。
(プライベートサーバとかそんな感じのところあれば、上げようかとは思うけど)
[PR]

by Future-truth | 2008-08-31 12:32 | FFXI | Trackback | Comments(10)

植物たちの楽園へ

手渡された3つの苗。
どこにでもある様な変わり映えのしないそれらを、わたしはそうするか決めかねていた。
特に栽培を日課としていなかった事もあり、競売に出品してしまおうかとも思ったけど
手渡してきた彼女らの事を思うと少し忍びない感じもする。
なら、いっその事…。
そう思い立つと、わたしは表へと駆けていた。



だいぶ前の話になりますが、過去クエの 「ババン・ナ・ウェイレアの冒険」 をやってみました。
聞く所によると面白いクエらしいし、特に戦闘も無いみたいだったので。
わたしの場合はソロでやれる相手の強さはかなり限られてるから
後者は結構重要なんだよね。

さて、このウェイレア。一体誰よって人も居ると思いますが
カンパニエのスカウトキャラの1人であるリコポディウムの事なんですよね。
彼女の目的は植物の楽園 「ネザーストーク」 へ行く事のハズなのですが
何故だかカンパニエに参加してますが…w
しかも案外強いから意外です。主にお供が、ですg

そんなウェイレアの話は現代のウィン水の区の片隅から始まります。
街の子供達に童話を話して聞かせているミスラが、この日は植物たちの冒険の話として
ウェイレアの話をするとことでした。





急転直下もいいところで、始まった途端にバッドエンドで終了してしまいまs
子供達にも不評で散々文句を言った挙句に去っていく始末。
でも読み聞かせたミスラは、バッドエンドという点と不可解な事が多々あることから
この話には何かあるんじゃないかとのこと。
ということで、PCは話に出て来たロランベリーを異界の口を通って
過去に赴いて真実を確かめに行くのでした…。



ってな感じなのが、このクエの冒頭です。
距離は長いけど移動だけすれば完結できるクエなので詳細までは書かないです。
このクエでは長年FFXIをやってる人なら 「なつかしい!」 って思えるヤツが出てくるので
そういった意味でも楽しめますw

ついでに、このクエで貰える称号を付けていると、リコポディウムから
無想花エフェクトでリジェネをかけてくれるというオマケつき。
リコポは勝手に寄ってきてくれるから、集めて放置してると花が漂いまくってます…w

そして、クエ報酬として謎の樹木の苗を3つもらえます。
冒頭の様にわたしは栽培は殆どしていません。
それじゃあ、その苗をどうしたかと言うと…
b0004722_2122780.jpg

ドライフラワーにしてみました。
…周りの植物と合ってないね、うん(;;;´ω`)
[PR]

by Future-truth | 2008-08-28 21:29 | FFXI | Trackback | Comments(2)

隠し要素がかなり遊びに走ってるToV

またToV記事かよ!
と言われそうですが、ネット繋がってない間はToVしかしていなかったので…
って事でToV記事です(´ω`)


今回のシナリオは、途中までダークヒーロー的な進行でしたが
最終的には普通にエンディングを迎えました。
影で表に居るフレンを支える…ってなシナリオは悪くなかったけれど
もう少しフレンが活躍しても良かったのではないでしょーか。
あまりにもユーリが事を納めすぎで、ね。

あとは黒幕の伏線が薄すぎる(ぽっと出な印象が強くて…)。
星食みが世界の危機にしては、言うほど危機感が無い(あんなに出て来たデイブレイカーは?)。
等など…。

表面的には良いシナリオだと思うけど、もうちょっと
「世界は大変な状態に陥っているんです」
って感じが欲しかったなぁ。
なんだか軽く終わらせたって気がしてさw


戦闘の方はFSのお陰で戦略の幅が出てきて
それぞれのキャラに個性が強くあって、色々なキャラを使うのが楽しいです。
でも、FSで一撃必殺が出来る代償なのか、敵の火力が強めかなーと。
最初はスキルが充実してなくてモッサリ感もあったけれど
終盤になるとスピーディーな戦闘へと変わっていきましたね。

普通にやったらテイルズの中では難しめな難易度だと思うけど
救済処置(?)も一応あるから、それに気が付けばなんとかなるってのも私的に良し。
とはいえ、リタのオーバーリミッツは少しやりすぎかなーと…。

ひとまずまた、全員をある程度使ってみたので、その感想でも。


 ○ユーリ・ローウェル
地上コンボのオニですネ。
後半になると色々な角度からコンボを繋げれるようになるスキルを覚えるので
組み合わせ次第では1人でもかなりの数を稼げるようになります。
ただ、その場合にはどの技からどの技に繋ぐか、それにはどのスキルが必要か
など考えてセットしないとダメなので、少し大変かも。

基本的にダメージで敵を倒すって感じみたいなので
FSは出しにくいかもしれない。それが唯一のネックかな?
恐らく全キャラ中唯一グローリー(地上に居る間は怯まない)を覚えれるので
前衛では他の追随を許さないと思います。
というか、一定数コンボ繋げるとオーバーリミッツ状態になるスキルがヤバいw

ちなみに、特定条件を満たすとセルシウスキャリバーが出来るらしいけど
わたしは条件を満たせないので確認できず(´・ω・`)

追記:デマらしい?


 ○エステリーゼ・シデス・ヒュラッセイン
ただの回復役…と思いきや、地味に接近をこなせて全キャラ中一番堅いハイブリットキャラ。
とはいえ、接近はある程度しかこなせないから回復役に落ち着くのが常。
一応攻撃魔法も使えるんだけど、あまり良いダメは出せなくて
接近やらせたほうがダメ出せたりするから、キチンと使えばほどほどにやれます。

シナリオ的には重要なキャラだけど、戦闘では特筆するようなスゴさは無いような…。
ルーティがお嬢様になりました、といえばテイルズやって来た人にはわかるかな?

ちなみに、武器 「ねこじゃらし」 装備してる時にバーストアーツ発動直後
Bボタン押しっぱなしにすると不思議な世界へ旅立てます…。


 ○ラピード
今作のバランスブレイカーその1。
なんてったって回避技の疾風犬がヤバい。
数秒(5秒ちょい?)無敵になるんだけど、ホントに無敵になるんです。
ガードブレイク技だろーが、魔法だろーが、秘奥義だろーが全て回避しまs
つまり、ワンコンボ毎に疾風犬してればダメージを受ける事は殆ど無くなるとw

そしてスキルでアイテム関係の物を良く覚えてくれるので
硬直減・使用後ディレイなし・効果UPなどなどつけておくとアイテム係りとして存分に働けます。

代わりに攻撃面がやや弱いんだけれども
体感FSさせやすいので雑魚相手ではあまり気にならないかな。
対空・対地(ダウン中)ともにこなせるけど、リーチにやや不安があるのを除けば
結構使いやすい部類じゃないかなーと。


 ○リタ・モルディオ
今作のバランスブレイカーその2。
オーバーリミッツ中は無詠唱で魔法が使えるので、その高火力な魔法を
雨あられに降り注がせるから尋常じゃないです。
故に闘技場のタイムアタックではTOP20は全てリタで埋められるという始末。
オーバーリミッツのレベルに応じて詠唱時間減でよかったんじゃないかなぁ。

それはさておき、魔法の見た目が華やかなので居るだけで戦闘に派手さが増します。
発動から攻撃までやや時間がかかる物もあるので、足の速い相手は苦手だけど
ダウンや打ち上げなどの効果のある魔法も揃っているので、一度捕まえるとボコボコにできます。

接近技も一応覚えるけど、そこそこの性能なので
キチンと使えば前衛もやれる…かもしれないけど、足の遅さだけは何ともならないからなーw


 ○カロル・カペル
使いこなせば回復も攻撃も両立できる実はスゴい人。
リーチの強弱が激しいので、それぞれの特性をしっかり把握しないとスカが多いけど。
とにかく技が揃い始めてからが本領発揮で、スキル変化技をしっかり覚えさせて
それから使うとかなり違うと思います。

ネックなのは足の遅さ。
そして攻撃に転じるなら他のキャラのがやりやすい。
という点から、NPCでの当番が多そうな可愛そうな彼。
マイトチャージを使いこなせば世界が変わる!
…かもしれない、かもしれない。


 ○ジュディス
あのながーいの、触覚なんだね。飾りだとばかり思ってた…。

私的には全キャラ中一番使いにくいけど、一番アグレッシブに操作できるキャラ。
空中での攻撃に特化していて、うまく打ち上げれば一方的に攻撃か可能。
逆に言えば後半の剛体持ち相手だと、なかなかその特性を活かせないという点も。

通常攻撃やら技やら受付時間が他のキャラよりも短くて
ホント連打の勢いでやらないと繋がり難いので、ちょっと使った程度では
なかなか空中での華麗なコンボは繋げることが出来ないです。
技もかなり特色があって、多くの技に追加入力することで追撃やHit数UPなど
そういった技があるのも特徴かな。
NPCに任せるよりも、プレイヤーが使うことで真価を発揮できるのだけど
そこまでは練習が必要になるかなー…。

ついでに、称号 「グラマラスメイド」 時にデッキブラシを装備して
落月爪中にABX押しっぱなしにすると…。


 ○レイヴン
カッコイイんだけど、ややオネエ言葉な異色な弓使い。

ジュディスほどではないけど、繋ぎの受付時間が短めで
なかなかコンボが続け難く、スキルと敵との距離によって技が変化します。
魔法も使えて回復も出来てオールレンジに攻撃可能という凄まじいお方。

何気に回復優先の指示を出しておけば、持続的に回復してくれるので
場合によってはエステルよりも頼りになったりします。
後半になれば補助系魔法も修得するので、NPCとしてほおっておいても
かなーり活躍してくれます。

プレイヤーとして使う時は、どの距離でどの技が変化するか覚えておかないと
思った技が出なくて繋ぎ損ねたりすることがあるかなぁ。
あとはあまりゴリ押しができないから、剛体持ち相手だと削り難いってのもあるかな?



それぞれのキャラの使用感はこんな感じでした。
私的には普通にオススメできるRPGだと思います。
欠点としてはハードが×箱ってところなんだけど、今の状況を見る限りでは
例えPS3で出してても同じ様な事を言われるだろうから、あまり欠点じゃないよーな
感じがしています。

というわけで、まだ暫くToVをやってる日が続きそうです…(´ω`)
[PR]

by Future-truth | 2008-08-25 22:51 | ゲーム | Trackback | Comments(2)

プチお知らせ

みなさまコンバンハ、ふつれです。
一週間ほどネット回線が無い状況になったので、ブログの更新や
FFXIへのログインをしていませんでした。
今日から回線が復活したので、また普通に活動をしておこうと思いますのでよろしくです。


(´ω`) < ヴェスペリアがお陰でガッツリ進んだなぁ
[PR]

by Future-truth | 2008-08-24 18:49 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

ToV三昧

テイルズ オブ ヴェスペリア発売から、猿のようにやってる馬鹿ですコンバンハ。
猫なのに猿に馬と鹿。コレ如何に(違)

だいぶ良い感じの所まで進みましたが、今回のテイルズは良作かもしれないです。
主人公がある程度の大人なので、理不尽な緩い言い訳とかしないのも好印象だし
正義とサブタイトルで唄ってる割にはダークサイドなシナリオだし。
(とはいえ、それは正義に基づく行動。いつものテイルズならフレンサイドでの進行だね)

てか、今回の主要キャラはカコイイのが多いですね。
主人公のユーリとフレンのやり取りもそうだけど、ドン・ホワイトホースとか
ドンとかホワイトホースとk(げふん)
見た目がって事ではなく、その生き様に惹かれます(ノд`)

ちなみに主要キャラでユーリを覗いたキャラでいいなと思うのはカロル。
最初はただの賑やか師で気にも留めなかったんだけど、徐々に弱い自分を克服する為に
色々やって躓いて挫けそうになりながらも前に進んでる感じが…っ。
キャラ個性としてはリタの毒のあるツンみたいなのが好きなんですが
デレの方向がまさかエステルだとは。

そうそう、ラピードはしっかりとマスコットキャラを勤めてくれてますね。
ホントに 「わん」 とか 「くぅーん」 くらいしか言わないのだけど
うまく会話に参加している不思議世界。基本的にメインシナリオにはあまり絡まないで
スキットとかでの絡みが多いですね。

それでは最後に各キャラの戦闘での私的な使用感を。
…エステルだけは使った事ないですg


 ○ユーリ
今作のダークサイド主人公。その正義の為ならば罪をも背負う。
かなり使い勝手が良くて、ずっとユーリ操作でも問題なさそうな程に完成度が高いです。
FS術式も上・横・下まんべんなくあるので、各種族に対応可能。
逆に1つだけの術式で攻めようとすると、偏りが出るのが弱点なのかも。
他に弱点と言うと、今の所頭上への攻撃が無いから空中の相手には少し苦労するかな。
それを除けば十二分に活躍できると思います。

 ○カロル
見た目は子供、でも武器は重量級。テイルズはこの組み合わせ好きだね。
重量級故の振りの遅さはいいのだけど、通常横攻撃が柄での攻撃で
非常にリーチが短いのがネック。ニュートラル攻撃なら普通に武器を振り下ろして攻撃するけど
移動後に攻撃しようとすると横攻撃が良く出るから困ったもので。
その辺りを良く意識して使わないと使えないキャラ行きになるかも…。
スキル関係でダウン中の敵を起こせたりするのがあるので、キチンと理解して使うと
弱くは無いキャラだと思います。

 ○ラピード
主要キャラでもメインシナリオには絡まない。けど最強(?)のマスコットキャラ。
やや横の術式の技が多いので横FSは狙いやすく、早い段階で
スキル 「ダッシュ」 を覚えれるので移動速度はたぶん一番かな。
その速さを活かして敵の後ろに回りこんで横術式技で畳み掛けFSで仕留める
なんてことも可能。使いやすい上術式技があるのも良いのだけど、あまり下術式の技が
無いのが痛いかなぁ。
攻撃ではないけど、移動系の技を覚えるのも特徴なので
敵の攻撃を避けながら横FS狙っていくのがオーソドックスな戦い方になりそうです。

 ○リタ
属性・術式が豊富なので敵を理解していれば、これほど強いキャラはいないかも…。
弱点は足が遅くて脆いこと。故に近づけられないように他キャラの作戦を立てないとダメ。
OL(オーバーリミッツ)するとノーキャストで魔法が撃てるので、下級魔法でも侮れない
火力を誇るから恐ろしいです。うまくやれば、弱点術式の魔法で一方的に攻めて
チェーン繋ぎまくってFSしてHP・TP大回復なんてことも容易にできます。
接近技の方は…試してないのでなんとも。
マオみたいな化け要素があるかもしれないので、未知数かな?w

 ○ジュディス
見た目もそのまま 「竜騎士」 なお方。1人だけ世界が違う。
…とはいえ、PVとかにあるような連携をしたければ、かなり使い込まないと難しそう。
地上通常の繋ぎが特殊っぽくて、横通常を初段にすると次に横通常は繋がりません。
下通常・上通常が初段だとそんなことはないんだけど、横通常だけの仕様っぽく。
操作に熱が入りやすい人だと、うまく連携を繋げれなくて苦労するかも。
空中に敵を上げるなら上通常が必要だけど、上に上げれる攻撃は限られてるから
その辺りもわかってて繋がないと地上戦になってしまいます。
空中では技の性能(振り)も少々異なるので、地上技のつもりで出すと拾い切れなかったり。
なので、何度も連携を繰り返して繋がる順番を把握しないときっついイメージがありました。

 ○レイヴン
今回一番のビックリキャラかも。色々な意味で。
弓技で連携していこうとするのは無理があるので、接近系も混ぜないとダメなんだけど
わたしの今のレベルだと、あまり技を覚えてなくてスゴく微妙でした…。
スキル変化とか技が増えてきたら、またチャレンジしたいなーと。


私的に使いやすいのは、ユーリ・ラピード・リタ。
ちょっと頑張んないとと思うのは、カロル・エステル。
使い込まないとキビシそうなのは、ジュディス・レイヴン。
こんな感じでしたっ。
[PR]

by Future-truth | 2008-08-11 21:03 | ゲーム | Trackback | Comments(5)

知行合一 【学者限界クエスト】

算多きは勝ち、算少なきは勝たず。
而るをいわんや算なきに於いてをや……。
はたして、君には一分の勝算でもあるのかな?

そう言い放った顔には、何色とも付かぬ表情がうつろうだけだった。
しかし、その言葉は正しい。ただ無策に当たるだけでは到底敵わぬ相手だからだ。
でも、見くびらないでよね。
こっちだってそれ相応の策を練り上げてきてあるのだから…ッ。


さて、限界クエ行ってきました。今度は学者のです。
既に限界クエ自体は超えているのだけど、アトルガン・アルタナジョブの限界クエは
シナリオ自体が凝っていて、先のシナリオが見たくてやったってのが1つの理由です。
そしてもう1つの理由が、Lv70ではクリアするのは至難の業と言われているから。
やってみた人にはわかるけど、この学者限界クエはかなり運の要素が強いです。
故にLv75で挑んでも何十回と返り討ちにされたって話も珍しくないです。

しかし、わたしは天邪鬼。
そう言われたらやってみたくなるんです。しかもLv70で。
始めはその難易度に閉口しました。勝てる雰囲気すら微塵も感じませんでした。
でも、結果的には11回目にしてクリアする事が出来ました。
しかも戦術魔道書を一回使っただけで、右のアレを倒しました。
これがどれだけの事かは、やったことのある人ならわかるはず。
逆に言えば、キチンと策を講じればそこまでキツい相手ではないという事です。

では、そろそろネタバレになるので記事を織り込みます。
気になる方は続きをどうぞ…。

学者限界クエ 戦術指南(?)
[PR]

by Future-truth | 2008-08-04 23:28 | FFXI | Trackback | Comments(18)

ヴェスペリア! ヴェスペリア!

テイルズ オブ ヴェスペリアまで、あと一週間を切りましたが
テイルズスキーの皆様、如何お過ごしでしょうか。ふつれです。

テレビでもCMが流されるようになって、発売日が近いんだなー
という感じにもなっています。最初は地雷なんじゃないかと思っていたけど
最終的にはしっかりと出来上がっている様に感じられました。
…とはいえ、わたしが感じるテイルズの 「演出ベタさ」 が体験版でも
しっかりあったのが気がかりではあるけどね。

戦闘は良い方向にアビスのを昇華されてる感じですね。
それぞれのキャラに戦闘スタイルを分けている様だし、多少の強弱はあっても
プレイヤー次第で何とでもなるバランスだといいなー。
体験版や動画を見た分では…


 ユーリ : 地上戦メイン。物理も術式もバランスが良い。

 ラピード : 地上メイン。技の繋がりが良いか術式が強いかも?

 カロル : 地上メイン。物理が強くダウンも拾えるけど、術式はあまり狙えないとか。

 ジュディス : 空戦メイン。エミルもビックリなほど高く昇っていく。一人だけゲーム違う気がすr

 リタ : 魔術メイン。やや癖があるものの、体験版では一番強かったかも。

 エステル : 物理・治癒どっちもOKなハイブリッド型。ただ、技に難がありそうだからヒーラーが
         定着しそうだけれど。

 レイヴン : 遠隔・接近をこなす二代目ウッドロウ。技名もかなり特徴的でちょっと異質な存在。
        ウッドロウの二つ名 「空気王」 まで引き継がなければいいけど…。


恐らく戦闘で使って面白そうなのはジュディスかも。
でも、戦闘場所がメンバーと隔離してしまうから、苦労しそうですが。
とりあえず、使って行きたいなーと思うのはリタとレイヴン。
とはいえ、どのキャラも使ってて楽しそうだから、しばしば変えそうだけどねw

それでは、残りは動画関係のリンクをしていきますので
これで発売日までwktkしていたいと思います(´ω`)


ToV公式
フェイタルストライク等の戦闘システム、どんな背景の下にシナリオが進むか等色々あります。
バトル関連の場所に、ジュディスのトンデモ連携が載ってる動画もあります。

店頭PV(ニコ動)
公式にあるPV1とPV2にオマケが入った長編PV。

ラピードの秘奥義(ニコ動)
技名がぁぁぁぁw

鐘を鳴らして(ニコ動)
ヴェスペリアの主題歌の日本語版。

Ring a Bell(ニコ動)
ヴェスペリアの主題歌の英語版。


○オマケ
ToAカットイン集(ニコ動)
ジェイドが…。ディストが…。
[PR]

by Future-truth | 2008-08-03 12:03 | ゲーム | Trackback | Comments(2)