<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

誕生日

とうとう、この日を迎えてしまいました。
今日でブログ開設4年達成です。
まさかココまで続くとは…。最初はほんの出来心だったのに。

まあ、それよりもアレがソレでコウだからゴニョゴニョなんだけd


この4年の間にカウントしたユニークユーザー数は約61.000ほど(アテにならず)。
投稿数はこの記事を混ぜて507。月平均10記事かな。
基本的に仕事中の編集・更新は無理なので、完全にプライベートだけを消費して書いているから
そこまで数を書いている訳でもないですが、よく続けているもんだなーと。
ヴァナ・ディールってところは、多くが言わなければ伝わらない世界だから
この場を利用して言いたい事を書いてるってのもありますが。
でも、全部を全部書いてはいないですがw

それじゃ5年達成を目指して…とか、そういう意気込みは無いですが
時間と書こうという意志がある間はボチボチ続けていこうと思っていますので
このブログの辺境を、これからも宜しくお願いします_(._.)_
[PR]

by Future-truth | 2008-07-29 23:04 | 雑記

学者の痛マクロ

徐々に学者もLv70という大台が見えてきました。
Lv70になれば精霊4系にレイズ2の解禁、チャージ数&リキャスト短縮
などなど、かなり強化されるレベルなので楽しみです。
…その前に限界クエをやるけどね(・ω・)
相手は誰かはヒミツ。だいぶネタバレしないとダメになるので…。


さて、それでは恒例(?)のマクロ晒しでも。
と言っても戦術魔道書のアビくらいにしかセリフ付けてないんだけどね。
精霊にまでセリフ入れてたら、かなり五月蝿くなりそうなので自重しておりますw


 ○簡素清貧の章
'白の項 第1章 13節 戒驕戒躁の理 <Penury>'
カイキョウカイソウ : 驕(おご)らず焦らず騒がず謹んで静かに堅実に行うこと。

 ○白の補遺
'白の項 第2章 7節 機略縦横の理 <Addendum:White>'
キリャクジュウオウ : 策をその時に応じて巧妙に張り巡らせること。

 ○電光石火の章
'白の項 第3章 11節 告往知来の理 <Celerity>'
コクオウチライ : 住を告げて来を知る。洞察力が良く反応が早いこと。

 ○女神降臨の章
'白の項 第4章 32節 魔的乖離の理 <Accession>'
カイリ : 元々1つだったものが2つになる、2つの状態のこと。

 ○意気昂然の章
'白の項 第5章 26節 月下推敲の理 <Rapture>'
ゲッカスイコウ : 詩文の字句を良く練ってより良い物にすること。

 ○勤倹小心の章
'黒の項 第1章 16節 有限事象の理 <Parsimony>'
物には限りがあるから有効に使おうという無理やり解釈

 ○黒の補遺
'黒の項 第2章 35節 因果律の理 <Addendum:Black>'
インガリツ : 砕いて言うと、過去にあった事象が元になって今にその結果が現れること。
        逆に未来の事象が過去に結果を齎すことはないということでもある。

 ○疾風迅雷の章
'黒の項 第3章 14節 相対理論の理 <Alacrity>'
ソウタイリロン : 相対性理論を無理やり4文字に(´ω`)
          ここではニュートンで有名な万有引力等の特殊相対性理論ではなく
          時空の歪み等による時間の遅延や歪曲を指す一般相対性理論がモチーフ。

 ○精霊光来の章
欠番(´・ω・`)

 ○気炎万丈の章
'黒の項 第5章 3節 超弦理論の理 <Edullien>'
チョウゲンリロン : 物質の最小単位をゼロに限りなく近い点として見るのではなく
            一次元の広がりのある弦状に見るという仮説。
            これに関してはさっぱり把握してないので、うまく説明できずorz

 ○連環計
'さあ、シュヴァルツシルト面を魅せてグリモア… <TabulaRase>'
しゅう”ぁるつしるとメン: 情報伝達の最高速度は光速。
               その光速ですら到達できない距離・領域が存在して、その先は
               どう頑張っても知るよしの無い空間が存在する。この境の事を指す。
               別名、事象の地平線。

 ○白のグリモア
'白き理を奏でるは不屈の意志也 <LightArts>'

 ○黒のグロモア
'黒き理に踊るは七元の調律也 <DarkArts>'


白戦術は主に四字熟語、黒戦術は科学関係から引っ張って来ました。
ぶっちゃけ本来の名前とかぶってる感じがするけど木の精にしておきましょう(´ω`)
てか、このマクロ作るのに不可抗力として現代最も(?)有力視されてるタイムマシンの原理を
把握してしまいました。どう考えても達成できるのは気の遠くなりそうな未来になりそうですが。

マクロは主に白グリ・黒グリ用にセットを分けていて
白グリ・黒グリのアビ実行時にそのセットに飛ぶようにしています。

/recast 黒のグリモア
/ja 黒のグリモア <me> <st>
/macro set (黒グリ用セットの数字)

ってな感じ。これでそれぞれに良く使うアビ・魔法を分けれるのでマクロ量も増えて
スムーズに切り替えが行う事が出来ます。
戦術魔道書のアビは独特な名前のものがあって、名前だけでは把握にしくいので
echoを使ってどのような効果があるのか説明文を入れたりもしています。

/recast 簡素清貧の章
/echo □■□ 白魔の消費MPを半分にします □■□
/ja 簡素清貧の章 <me> <st>

これで今待機しているのが、何のアビでリキャストいくつでどんな効果か一回でわかりますw
あとは計・陣用にセットを作ってみたけど、こっちはまだ使いにくいから改善の予知があるかな。
暫くは今の状態でやっていって、Lv75で一通り揃ったら修正を加えようと思っています。
その時になってから、学者用のマクロ全容を晒そうかなぁ…ってまた晒す気あるのk


…あ、ちなみにマクロの 「理」 は 「ことわり」 と読みますので(´ω`)
[PR]

by Future-truth | 2008-07-23 01:33 | FFXI

ヴェスペリア@3週間っ

ヴェスペリアのPVを見ながらwktkしているフツレです、こんばんは。
地雷かもしれないとか言っていましたが、PVを見る感じではかなり良く見えますっ。
見た目だけ良くなって中身はおざなり。なんてパターンを想像していたので。
…某13のことでもないよ!

戦闘の感じは体験版をやってあるので、多少わかります。
ちょっと前のToDリメイクをやった後だと、スローペースに感じるけれども
多くのテイルズシリーズはヴェスペリアくらいのスピードだし、丁度いいんじゃないかな。

シナリオは主人公のユーリが、かなり大人びている感じで
よくあるダメ主人公の更生ストーリーでは無いようです。
ヒロインが特殊な力があって~…パターンではあるようですがw

他のキャラで群を抜いて異色なのは、マスコットキャラでもある犬のラピードでしょうか。
彼は犬故に会話には参加しないそうですが、感情表現はするらしいのですが
キチンと戦闘までこなしてしまうんですよね。
いままで戦闘メンバーって物語の中核を担う人らが普通だったのに
(某アレみたいに空気になってしまうキャラは除く)
マスコットキャラが戦闘に参加するってのは斬新だなーとw

私的にはリタとレイヴンがいいかなー。
リタは魔法陣の展開がカコイイですし、レイヴンは今までの弓キャラのイメージとは
全く別なキャラだけど、どんな役どころに付くのか楽しみですし。

ちなみに、PVは公式のコチラ
フェイタルストライクがメインのスゴい動画はコチラ
ボニーピンクによる主題歌 Ring A Bell の日本語版はコチラ

注意としては、どこからっていう詳しいことは知らないけど、ヴェスペリアの情報漏えいによって
OP動画とシナリオのあらすじがネットに流れてしまっているそうです。
なので、貼っておきながらってのもあるけど、ヴェスペリアを楽しみにしている人は
ニコ動とかそういう所を見る時は気を付けた方がいいようです(´・ω・`)
[PR]

by Future-truth | 2008-07-18 00:13 | ゲーム

業者はGよりも強し

はい、また警告記事です。
というのも、再び業者が大きく活動に出ているからです。

まず簡単な対処方法としては…

 ①WindowsUPDATEはキチンと更新すること
 ②FLASHを最新のバージョンにすること
  ただし、これはブラウザ毎に行う必要があります
 ③POLログイン時のパスワードは手動入力にすること

3つ目はパスワード覚えるのが面倒だろうけど、これを手動にするだけでも
結構違うって話を聞きます。わたしは自動入力の方法知らなくてずっと手動ですg
他2つはFFXIに限らずPCを扱う上では必須に近いだろう事なので
しっかりとやっておきましょう。

あとは怪しいサイトを踏まないというのもあるけど、最近ではそれも難しいです。
明らかな罠サイトとして用意されている物なら見分けがつくけれども
最近では何て事無い埋め込み式の広告や、サイトに付属される広告が改ざんされて
その広告を表示させただけでウィルスにかかる、なんてものも。
これに関してはFLASHの虚弱性を狙った部分があるから、最新のバージョンに
更新すれば防げる物が多いです。

究極の手段は、PCではネットゲームをやらない!
…なんだけど、それじゃあまり解決方法とは言えないからね。
いくら自己防衛をしても 「必ず」 大丈夫という防衛をすることは出来ないので
「多くの手段に対抗できる」 状態にしておく事を常にしておきましょう。


ついでに、どうしてここまで業者がアカハック行為を横行させてるか。
まあ、ギルがリアルマネーになるってのもあるけど、スクエニの対処に大きな問題が。
ギルを稼ぎ難くすることで業者の動きを鈍くさせるのは良いのですが
それと同時にスペシャルタスクチームで業者駆逐してるのが原因です。
思うようにギルを生成できないので、ゲーム内でギルを稼ぐのではなく
キャラを乗っ取ってギルを得る方法に変えてきたからです。
恐らくスペシャルタスクチームが業者を苦しめれば苦しめるほど沈静化はせず
逆にアカハックなどの直接的手法を用いてくるはずです。

じゃあスクエニが取るべき対処はってなると難しいのだろうけど
活かさず殺さずってのが一番なのかもしれません。
完全駆逐するのはまず無理なので…。


おまけに、どうして業者はそんなに躍起になってRMTをするのか。
儲かるからやってるのだろうけど、どうして儲かるかってことね。

まず、A国でお金10A支払ってバイトを雇い100ギル稼ぎました。
その100ギルをB国の人にお金10Bで売ります。
このお金10BはA国では1B=5Aとなったとします。
ギルを売ったお金を自国のお金Aに変えると50Aに変わってしまうのでした。

つまりは、稼ぐ国と買う国との貨幣価値の違いが大きければ大きいほど
少ないギルで大きなリアルマネーを生むことが出来るのです。
だから某国では業者がいっぱい居るってことですね!

んーまー、本当にこの図式が成り立つがはわからないです。
興味もないからこれ以上調べるつもりもないし。
なににせよ、パスワードだけでなく下手するとカードの番号なども一緒に盗まれてしまう
可能性もあるのだし、キチンと防衛をしておきましょう。
[PR]

by Future-truth | 2008-07-12 00:55 | FFXI

初夏の獣人アサルト大会

先のバージョンアップから暫く経ちましたが、これまでボロ鯖のウィンダスは
獣人軍の猛攻に耐えることができず、カンパニエでは長い間ウィンダスしかありませんでした。
けれども、なんとか今週に入ってカルゴナルゴを奪還できましたッ。

わたしは土日くらいしかカルゴナルゴのカンパニエには参戦してないから
どれだけの苦労があったかわかりませんが、色々な人が奮闘した結果なんだろうなぁ。
そう思いながら防衛する為にカルゴナルゴに良く行くのですが、ウィンダスへの攻撃が
そのままカルゴナルゴに移ったような感じなので、かなりキツいです。

今は他の場所、主にメリファトを奪還しようとしている試みが強いみたいで
このままいけばメリファトは来週ウィンダスが取れそうです。
けれどもカルゴナルゴはこのままだと危ないくらい押されてます。
PCの数は限られているのに、相手は無尽蔵に攻めてくるから追いつかないんですよね。
今の仕様だと、自国ともう1・2箇所くらいしか取れそうにないよなー。

ただ、PCの方も工夫をすれば結構なんとかなると思うんですよね。
opsで防衛の手助けをしたり、うまくザコを釣って本拠地に行かせない様にしたり
余裕があれば回りの状況を見てみたり…。
ボスは人海戦術じゃないと倒せないけど、ザコだったらソロでも時間稼ぎならできます。
わたしは攻めに出る時はコルセア、守りに回る時は詩人にしています。
コルセアは食事なし&鉄弾でもコンスタンスに500以上のWSを撃てるし
詩人はうまくやれば、かなり長い間ソロでヤグ・闇エレ程度なら相手に出来ます。
まあ、本職アタッカーや忍/踊などには及ばないけれど、こんなジョブでも
やろうと思えばそれなりにやれるものなんです。

カンパニエに参加する人らが防衛に向けて工夫をする…
なら、結構盛り返せるとは思います。
けれども、FFXIは元々大局的に物を見て行動をするようなゲームじゃないです。
故に個人だけが稼げればいいといったような、歌パニエやイナゴと称される行為もあります。
元が 「獣人からの侵攻を防いで領地を広げるゲーム」 であれば、これらは非難される行為だけど
FFXIの中の1つの遊びでしかないから、一概にそう言えない部分もあるんだよねー。
どうせやるなら良い方向に進むようにやりたいと、わたしは思うんだけど
みんながみんな、そう考える訳でもないし。


そんな中、ボロ鯖では現代にフェアリーが復活しました!
かなりの数の妖蟲のフラスコでフェアリーを解放しないと、現代には復活しないんだけど
一部の人達がマメに解放してくださったお陰で復活に至ったそうです。
イクシオン絡みでフェアリーは少なくなっているのかなと思ってましたが
こういう話を聞くと、方々で頑張ってる人がいるんだなぁって感じられますよね。
わたしも金庫に入れっぱなしのフラスコ、解放してこようっと。
[PR]

by Future-truth | 2008-07-10 23:45 | FFXI

ほんのむし

暫くの間、わたしは諸事情で小説を読んでいなかったのですが
LSから面白そうな小説の話が聞こえてきたので、感化されて買っちゃいました…w
その小説のタイトルは 「血涙」 。
…厳密には血涙の前に 「楊家将」 というタイトルもあるので、これも読んだんだけどね。
楊家将は文庫で上下、血涙はハードカバーで上下。計4冊を一ヶ月で読み上げました。

楊家将と聞いても解らない人が多いでしょうが、三国志・水滸伝に並ぶ
中国の乱世時代を描いた話とのことです。
それがどうして他2つの様に知られていないかと言うと、初版の楊家将が
駄作だったらから…らしいです。
一応、演劇の科目にはあったけど、読み物としては恵まれていなかったそうですが
北方氏が史実とオリジナルを元に書き上げたのが、今回わたしが読んだ楊家将ということです。

といっても、わたしは中国歴史はさっぱり。ちょこっと三国志を知ってる程度。
それでも充分に楽しめるとのことだったので読んでみたんだけど
確かに歴史に詳しくなくても楽しく読めました。

簡単なあらすじとしては、武門である楊家をメインにした小説です。
楊家の棟梁である楊業が、仕えている北漢を大国の宋から守る所からはじまります。
仕えているといっても北漢からの扱いは酷く、帝からの信頼も低いのだけど
逆に言えばそれだけ強力な武門の家への畏怖とも言えます。
それでも楊業は命じられれば戦う、生粋の軍人。
とはいえ、快く思わない事が節々にあることも把握しています。
そんな時に宋からの進撃を受け、楊家は戦場へと赴くのだけど…。

結末はある程度予想していたけど、かなり違う形で結末を迎えました。
三国志に近いという感じで見ると予想できないよなー、これ。

この小説では明確な主人公という位置づけの人はおらず
その場面場面で軸にする人が変わる、ちょっとオムニバスっぽいところがありますが
それはそれで各情勢がわかるようにとの配慮だと思います。
そして、小説独特の言い回しや小難しい表現が殆ど無いのも特徴かな。
かなりストレートに書かれているので読みやすい小説です。
だからといって淡々としている訳でもなく、それぞれの登場人物の人間性が
わかるようにキチンと書き込まれていています。

そんな訳でサクサク読めて週1冊のペースで読んでしまいました。
小説の内容の良さと北方氏の魅せ方もあり1つの読み物として楽しめました。
三国志とかが詳しく無かったってのも、逆によかったかもしれない?


さて、また小説を読み始めたので、色々と読みたくなってきたゾ…。
どうしたものかw
[PR]

by Future-truth | 2008-07-06 17:35 | 小説・映画

ゆるゆる まったり

最近、もへーっと白門の噴水のトコロに居ることが多いです。
何か面白そうなシャウトがあったら参加しようかなーと思ってはいるけど
結局ニコ動でToSラタトスクの騎士のプレイ動画を観てて寝る時間が来る…
ってことがままあったりします。
なにか誘われれば、それについて行ってはいるけどね。

リアルでは七月に入ったこともあって徐々に暑くなって来ていますね。
(とはいえ冷房関係全く無い家で育ったから、クーラーとかかかってると寒いですg)
じゃー、毎年恒例のアレに着替えるかって事で、預かり所からひっぱってきました。
b0004722_23364772.jpg

ただコルセアAF胴を水着に変えただけだけどね!
詩人も狩人も一年通して外着は同じだけど、コルセアだけ違うのです。
偶然着合わせたのが合っていたから、それから夏だけこの姿なんだよね。

学者の方はぼちぼち上がってLv65。
弱めの相手なら計も良く通るので、グリモアのリキャストを考えながらやってみてます。
うまく回せない事もあるから、まだまだ考察の予知はあるんだけどね。
というか、徐々にチャージ3ってのがキツく感じてきたよっ。
欲張って戦術魔道書使いすぎ?w


そんなゆったりまったりな日が多い中
ToSラタトスクの事を色々見たり調べたりするけど、じみーに不評っぽいですねぇ。
前作キャラはレベル固定で秘奥義のカットインがない。
冒頭が尋常じゃないくらいチュートリアル。
ちょっとしたマルチエンディングで、BADENDがテイルズ1の鬱エンディング。
リーガルの秘奥義 「殺劇舞荒拳」 がただの回し蹴り。
などなど、不満点があるみたいです。
とはいえ、わたしがプレイ動画を観ている感じでは、そこまで酷く感じないんだけどな。
でも、リーガルの秘奥義だけは残念です。
ToSラタトスクの秘奥義集を置いていくので、気になる方はどうぞ(ネタバレあり)。


そして、読んでいた小説が読み終えてしまいました…。
面白い小説・ゲームはどれも、先を知りたいという気持ちが強いけれど
逆に早く終わらないで欲しいって気持ちもあって、ちょっとフクザツだったり。
どんな小説を読んでいたかは、後日書きましょうか(・ω・)
[PR]

by Future-truth | 2008-07-04 00:11 | FFXI