カテゴリ:FFXIV( 86 )

新天地は9月に開かれる

あまりにも突然の事で驚きました。
そろそろβテストが始まるかなぁって思っていたFF14なのですが
発売日が公式に決まってしまったようです。

まー、出来ても年末かなと思っていたのですが
正式サービスインは2010年9月30日と、思っていたよりはずっと早いじゃないですか!
うわーい。これならβテストに参加しなくても、この日まで待ってPS3で参加すればいいやw
そう思っていたら、ささやかにこんな事が書いていました。


 PS3版は、2011年3月を上旬を予定しています。


…つまり、9月から出来るのはPC版だけ。
うーん、結構なスペックを要求するのに、PC版だけで始めて大丈夫なのかな?
とりあえず、わたしは様子見をするつもりです。
PCのスペックは全く持って足りていないし
周りのフレらがPC版からスタートするかも怪しいし。

それにしても、PS3版が半年後ってのは遅いねー。
色々なイベントにPC版の試遊台を出す為にPC版だけはりきっちゃったんだろうな~。
これが12月に… とかだったら、まだPS3版を待つってのもあったのだけど。
まあ、何にせよスムーズにサービスインできるといいね!


 リンク : FF14公式

[PR]

by Future-truth | 2010-07-01 13:08 | FFXIV | Trackback | Comments(2)

新しいクライアントの前からお伝えします 【FFXIV】

ツイッターで電波ゆんゆん飛ばしたりして、一部で人気を博しているリエコムさんと
ナイスな英訳でヴァナに笑いを提供してくれているマイケルさん。
この2人がスクエニの某所に忍び込んだようです。




 E3展示用(β版)クライアントのキャラメイク画面だって…?

一応ネタバレっぽいの
[PR]

by Future-truth | 2010-06-10 22:30 | FFXIV | Trackback | Comments(9)

Second Frontier

衝撃のFF14αテスター発表から早一ヶ月。
その反面、殆どテストに関する情報が出てこず
あの発表は何だったのだろうと不安を過ぎる最中
唐突にクライアントダウンローダーの配布が開始され、あれよあれよと始まったαテスト。
しかし、それは新天地を目の当たりにする新しい衝撃を充足するものではなく
既知の衝撃の充足でしかありえないのは、わたしたちは知る由も無かった。


そんなこんなで、どうやらFF14のαテストが4/8木曜日に行われたらしいですね。
わたしは見事にテスターにハズレ、というか応募してなかったので参加してないけど
フレに3人もテスターが居るから、そこから許容範囲内で情報は得れるからイイですが…。
とはいえ、あまり書く規約に抵触しそうなんだよなー。

と思っていたら、丁度良いソースがありました。
ファミ通GAME WatchITmedia Gamezと、軒並みweb記事にテストの内容があるので
どんな感じだったか見てみると雰囲気を掴めました。

わたしが方々から得た情報をすごく簡単に要約すると…


 ・現段階では、各種族1部族しか選べなかった。
 ・ミコッテだけは選択すら不可能。
 ・とてもとても重くてテストどころではなかった。
 ・開始場所はリムサ・ロミンサしか選べなかった。
 ・色々と日本語が多くなった(ステータスやNPC名)。



うん、まあ、一番最初でしかもαテストだから重いのはしょうがないのかもね…。
その辺りはテストを重ねる毎に良くなっていくはず ───だよね?

それにしても、なんでミコッテが使えなかったんだろう。
単純にPCがキャラメイクが出来るほどバリエーションが出来ていないのか
それとも選べないこと自体が不具合だったのか。
私的にはミコッテとルガディンに期待しているので、ミコッテの情報が出ないのは寂しい(´・ω・`)
Pの人曰く、可愛かったよと言ってるし…っ。

さて、こうなると次のαテストも気になるところですが
ツイッターにて田中プロデューサーがこんな発言をしていました。



 αは開始した……!開始したが…
 今回 まだ その回数と期間を指定まではしていない。
 そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい。

 つまり……我々がその気になれば二回目は10年後
 20年後ということも可能だろう………ということ…!


 (来週火曜の予定です)




その手のネタが好きだね、たなPさん(´ω`)

FF14の公式で5種族とそれぞれ2部族の紹介も出ていて
色々とエオルゼアの雰囲気を楽しめるようになってきているし
YouTubeで失笑気味なナレーションのついた紹介動画が連載予定だったり
徐々に勢いの増してきたFF14。
まだ全貌が見えないだけにかえって興味が惹かれますが、この先、良い具合に進むとイイね。
[PR]

by Future-truth | 2010-04-10 13:57 | FFXIV | Trackback | Comments(4)

略称名はどうしましょ?

衝撃の発表から暫く音沙汰の無かったFF14ですが
ゲーム雑誌のファミ通等で新たな情報が出てきました。
…とはいえ、内容自体は水曜日にネットに流出してたんだけどね。
一応、色々な問題があるからあえて今日記事にしたけど(どの口が言うか)。

新情報の露呈に伴ってFF14の公式サイトも更新されました。
情報量としてはゲーム雑誌の方が多かったけれども
公式はディスプレイを通して画像を見れるのが良いですね。


まずは操作キャラとなる種族ですが、現在明らかになってるのは5種族。
敵としての種族は他にある、とインタビューにあったので
もしかしたら5種族だけがプレイヤーが使えるキャラなのかもしれないです。


 ヒューランHyuran
FF11で言うヒューム。パっと見では見た目の変化は見受けられないです。
エオルゼア大陸の主となる種族で、高地に住まうハイランダーと
低地に住まうミッドランダーの2部族に大別されるとのこと。

公にされているキャラはオーソドックスにカコイイなーと思える見栄えですが
案外人気のあるヒゲフェイスとかはあるのかな?
某氏は幼子フェイスを望んでいますg

 エレゼンElezen
FF11で言うエルヴァーン。目つきが鋭くなっていますね…。
エオルゼア大陸の先住民で、移民であるヒューランと争った歴史を持つそうですが
現在は一部の部族を除いて友好的な関係にあるとのこと。

首、と称されるように首が長かったエルヴァーンですが
公式のイメージを見る感じではそうでも無さそうだよね…?

 ララフェルLalafell
FF11で言うタルタル。FF14では脅威の4頭身。
やっぱり知識が豊富ということで、魔法の扱いが得意なんでしょうね。
何故か女が少ないらしい。

てか、タルタルのコロコロとした可愛らしさを全排除してしまったよーな。
顔はタルタル、身体は子供。それがララフェル!
うーん、マスコット的種族となりえるかはエモ次第だろーか?

 ミコッテMiqo'te
FF11で言うミスラ。でも 「にゃ」 って言いそうに無い雰囲気。
ミコッテもエオルゼア大陸への移民で、すばしっこいハンターとのこと。
昼行性のサンシーカーと夜行性のムーンキーパーの2部族に大別されるが
同族に対しての縄張り意識が強いために単独で暮らしている事が多いらしいです。
やっぱり男は少ないらしい…。

見た目はかなり猫っぽさが無くなってしまって賛否両論の模様?
インタビューではミスラより猫っぽくなってますと語っていたので
行動や習慣が猫っぽいということなんでしょーか。

 ルガディンRoegadyn
FF11で言うガルカ。尻尾が無くなって寂しい…。
多くはエオルゼア大陸に定住している訳ではなく、船員や海賊に傭兵など
流れ家業でエオルゼアに居る者が殆どっぽいです。

ガルカよりも足が伸びて、普通の大柄な男というようなイメージに。
尻尾の有無でかなりイメージが違ってしまっているなぁ。


全体的にヒトっぽくなってますねぇ。
FF11よりも機械文明は進んでいるみたいだし、ファンタジー要素は減ったのかな。


他に都市国家として海の都リムサ・ロミンサ(タルの男の子命名方法と同じだね)
砂の都ウルダハ、森の都グリダニアが最初のスタートする街として選べるみたい。
国ではなくて都市国家なので、大きな自治権を持つ街が点在してる様です。
それぞれの種族の解説とかを読む感じでは、リムサ・ロミンサにルガディンが多そう
って以外は種族の偏りは無いのかな…?


FF14はスキル制で 「これまでに無い新しいスキル制」 ってな感じで言ってましたが
それは 「アーマリーシステム」 というものだそうです。
装備する武器でジョブを変えることが出来るのが特徴で、持ち変える事で簡単にジョブを
変えることができるんだそうです。
大まかな区別として、剣や弓という武器を扱うファイター、杖などの魔具を扱うソーサラー
斧など採集道具を扱うギャザラー、鎚(?)など生産道具を扱うクラフター
以上の4つ。それぞれのスキルを習得していって、その性格付けによってジョブになる…
ってイメージなのかな。


あとは冒険者の職業安定所みたいな冒険者ギルドからクエストを受けるギルドリーヴ
説明書きの感じではFoVやアサルトの拡張版ってイメージなのかな。
そしてFF11で散々移動に時間がかかると言われた所為なのか、瞬間移動が可能な
エーテライトという施設もあります。


ようやくFF14の表面が見えてきたって感じだけど
まだまだ秘密にされている部分は多い様に見受けられますねー。
あと、プロモ以外の実機で動いている様子も見てみたいし。
見栄えはいいだけに期待はしてしまうけれど、やっぱりトップに居るヒトを考えると
本当に期待していいのかって思ってしまうのは、FF11ユーザーだからでしょうかw
[PR]

by Future-truth | 2009-08-07 19:34 | FFXIV | Trackback | Comments(6)

今はまだ心地よい夢魔のまどろみか 【FFXIV】

FF14の発表で、方々のFF11関係サイトでは良くも悪くもその話題で賑わっていますね。
でも、わたしのフレ周りではそんなに気にしているようではないですねー。
それだけ現実味が無いってのと、まだ楽しくFF11を遊んでいるって証拠なんだろうね。

そんなFF14ですが、スクエニのカンファレンスでの質疑応答や
その後に行われた日本の取材陣のみを集めてのインタビューによって
おぼろげながらも、どんな感じのMMORPGなのか見えてきたかな?
ざっくりとまとめてみると…


 ○ヴァナ・ディールとは関係無い。
 ○世界名は 「ハイデリン」 で、冒険の舞台となる大陸の名前が 「エオルゼア」 。
 ○FF11の5種族はFF14用にアレンジして登場。ただし、名称等はFF11とは違う。
 ○経験値レベル制では無く、スキル制に近い全く別な成長システム。
  キーとなるのは 「武器」 。
 ○釣ってフルボッコ釣ってフルボッコ(エンドレス)
  …ではなく、イメージとしてFOVみたいなのになる?
 ○ソロ活動もちゃんと出来る様に考えている。
 ○PCの必要スペックは正式稼動から5年後には
  「普通」 と言われるスペックを最高レベルに設定。
  …5年ってかなりのアドバンテージだけど、どうなりますやら。
 ○曲は全て植松氏が担当。
  …MMORPGとはいえ、相当数に及ぶと思うんだけど。さすが植松さん!
 ○FF14は月額課金(30日刻み)にする。アイテム課金は考えていない。
 ○XBoxは4年前から話を進めているが、折り合いが付かずに現在未対応となっている。
 ○FF11からコミュニティ関係(LSやフレリスト)、名前は引き継げるようにしたいと思ってる。
 ○逆に装備やギルなどの引継ぎは一切無い。
 ○ストーリー性はFF11より強化する方向に進む。
  …FF11のイベントシーンの立ち回りみたいなのが増える&強化されるみたい。
 ○NPCに声があるかはお楽しみ。
 ○2010年中にはサービスインさせる。


私的にストーリー重視ってのは嬉しい情報ですねー。
FF11のストーリーやバックグランドの重厚さが好きなので。
(最近のアルタナ関係は、それを破壊しにかかってるような気もするけd)

種族に関しては、ヴァナの5種族以外にも居るんだろうね。
いままでのインタビューの含みからすると、今回のはあると見て良いような反応だからw

成長方法は武器がキーとなっていて、スキル制に近い全く新しいシステムとのことだけど
雰囲気としてはFF7やFF9の様な感じなのかなー。

あ、ちなみにコッソリ次回バージョンアップ用に
「戦慄!モグ祭りの夜」 を用意してると発言していますねw
モグボナンザの後にこのタイトルを持ってくるってことは、ボナンザ抽選発表後辺りに
このトピが上がってくるのかなぁ。


まあ、妄想の種が増えただけで、まだまだわからないことは多いですね。
もしかしたら今年中にβテストが始まるかもしれないし、気長に待つとしますかー。



 カンファレンス質疑応答ttp://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20090604_212453.html

 インタビュー内容
ttp://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20090605_212492.html
[PR]

by Future-truth | 2009-06-05 16:36 | FFXIV | Trackback | Comments(5)

新世界に馳せるのは夢か 【FFXIV】

現在アメリカで行われている、最大級のゲームの祭典 「E3」 でこんな一幕があったらしいです。


SCEA(アメリカのソニー)の社長が自社のカンファレンスのホストを務めていたのですが
そこで不意に 「ファイナルファンタジー14」 と口走ってしまったのです。
そこに居た記者らに 「hahaha FF13の間違いだろ?」 と失笑を買ったのですが
それに反して会場は暗くなり、1つの短いムービーが上映されたのです。

唐突なムービーのあと、記者らは社長の発言が間違えでは無いということを知り
歓喜の声が上がったとのことです…。


ということで、超突然にFF14の存在が明らかになりました。
しかもFF11と同じくオンラインのタイトル。
まさかまたFFナンバリングでネットゲームを出すとは…。
このカンファレンスでは特に詳しい事は述べられず、殆どムービーだけだったみたいで
方々でムービーからの憶測が飛び交っている状態です。

プラットフォームは家庭用機ではPS3のみ、そしてPC版もあると発言があったので
ソニーからこの情報が出るのはおかしくは無いですねー。
×箱は完全に切り捨てられているのかは不明ですが
当分はこの2つで展開していくんだろうね。


FF14で舞台となる世界は 「エオルゼア」 。
ムービーやイラストを見る限りではヴァナ・ディールの5種族と見た目そっくりな人達が居るので
何かヴァナと繋がりがあるのかなーと思うのですが…。

今まで出ていた情報から察すると、以前から囁かれていたスクエニの新作MMOが
このFF14とみて良いと思うんです。そうなると、新作MMOはFF11とは関係無いと言ってたので
世界観の繋がりは無いはずなのに、FF11の5種族が居るのは不可解…。
ということで、わたしの憶測では 「ヴァナ・ディールでは無いヴァナ・ディール」 である
楽園の扉が開かれて完全世界(?)になったのがエオルゼアなのかなーと。
楽園の扉が開かれるとどうなるかってのはプロマシアのシナリオで断片ながら語られていますが
5種族(人類)が完全世界ではどーなるかは語られてない気がするので
まー居てもいいのかなと(何)

こうなるとFF11ユーザーが気になるのはFF14に引継ぎがあるか、だろうね。
全く新しい世界なのにFF11の所持物を持っていけるのは私的にめっちゃ違和感あるので
お金や装備にレベルの引継ぎは無いだろうねー。
新世界で高スペック装備で蹂躙しながら歩き回るのなんてツマラナイし。
あるとしても名前の引継ぎくらいと、任意のサーバーを選べるくらいじゃないかなー。
あ、FF14は全世界同時リリースとのことで、恐らくサーバーは言語混同になるっぽいです。
このことに嫌悪感を示している人も居るけど、このことでユーザーに対しても
大きなメリットがあるのだから良いと思うんだけどなー。
(目先の事ばかりに捕らわれて全体的な流れには気にしていないからデメリットしか見えない)
まあ、詳しい事は後日あるスクエニのカンファレンスで何かあるんだろうね。

開発陣に関しては、植松さんが作曲を手がけているようなので楽しみ。
Tの人やKの人は、FF11での経験を活かしてくれればいいんですけどねぇ。
てか、わたしはまだやると決めてはいないんだけどね!


とりあえず、尻尾が無いガルカはガルカじゃない。
ミスラの尻尾はもふもふ感UPしてるけど、何か微妙。
エルメスは相変わらずエルメスっぽい。
ヒュム♂がまともにカコイイ。
イラストにオスラが居るよーな気がしてならない。


 公式 ⇒ http://jp.finalfantasyxiv.com/
[PR]

by Future-truth | 2009-06-03 14:20 | FFXIV | Trackback | Comments(9)