2017年 05月 18日 ( 1 )

機械たちが造り上げた塔【NieR Automata】

すごーく久しぶりの投稿です、お久しぶりです_(:3」∠)_

今回はNieR Automataを遊んでみた感想を書いてみようかなーと思うワケですが
先に少しNieRについて書いておきます。

NieRってジャンルはアクションに分類されるんですが、前作レプリカントを含めて
「これはアクションゲーム!」って思って遊ぶとスゴく戸惑うと思います。
というのも、急に2Dアクションになったり、見下ろし型になったり
シューティングになったり、本当に自由なんです、良い意味でも悪い意味でも。
私的にはスパイスとして美味しく頂けるんですが、そうでなく
純粋にアクションとして遊びたい人には結構ツライ内容になってると思うんですよね。
なので、アクションしかできない体験版は地雷に近かったりもする…。

それだけでなく、シナリオも問題児です。
退廃的で救いのない世界で救いを求めて奮闘するも、結果が実らない
ってのが常なシナリオを書く人を主導として作られているので今回もそんな感じです。
シリーズとしては前作のレプリカントとゲシュタルトから続くのがAutomataなのだけど
厳密にはドラッグオンドラグーン(DoD)というシリーズから続いてて
特にDoDは危ないです(ぇ
これらをやったコトある人からすると、たぶんAutomataが一番甘い内容なので
初めてやる分には「こういう変なゲームなんだ」ってのを理解してやるには
イイかもですが…。

早い話が、映画の「まどマギ」で見に行って、例のシーンでマミったのを見て
「こんなアニメだと思わなかった」と言われてしまうような作品なんですよね。
とか言いつつ、見たコトないのだけど(何
なので、好き嫌いがわかりやすく出ると思うから
これからやる人は気を付けてくださいね。


さて、肝心なAutomataの感想ですが、わたしはとても楽しめました。
一部分かりにくい描写があったものの、すんなりと全容が分かったし
今回初めてハッピーエンドだったし。よく考えるとハッピーじゃないのだけど(ぇ

ただ、わたしとしては9Sの気持ちの根源部分が最後まで分からなかったなー。
でも、たぶん分からせるつもりもなかったのかなーと。
あれって「依存」にも見えるし、「恋愛感情」と言われてもそう見える部分もあったから。

ていうか、A2は完全にとばっちりを受けてた感じがスゴイして
今回の一番の被害者じゃないかなと思ってたり。
とはいえ、最後は「みんな」に合えたからイイのかな…。
コンサートの朗読会ではノータッチだったのもあって、たぶんそういうことだろうけど。

他にもシナリオについて書きたいコトはあるけど、ネタバレになるから書けない!w
こんな感じで色々と考察できる内容なのも、1つの魅力だと思いますがっ。

一応、シナリオの深みを知るには前作のレプリカント・ゲシュタルトをやってるとイイけど
DoD3も関係してる部分があるから、興味ある人は遊んでみるとイイかも。
DoD3は苦行になる可能性もありますが(白目

アクション部分は難易度を選べるし、レベル上げれば大抵なんとかなるし
本当にダメな場合は難易度イージーにして自動回避や自動攻撃してくれる設定にすれば
クリアできないって自体にならないようになってるので安心です。
自動攻撃・回避してくれるって「アクションとは」って考えたくなりそうですがw
でも、シナリオや音楽で売ってる部分もあるから
アクション苦手な人には良い処置だと思います。

あとはEエンドだよね。あれはとても良かった…。
色々とツッコミを入れたくなるんだけど、あの展開や勢いはズルい。
まだやりたいコトあるから「はい」を押せなかったけど
Yエンドを迎えたら押しに行きます…。


うーん、とりとめのない内容になってしまった。
まあ、久々の投稿というコトで許してください(ぇ
わたしとしてはNieRは好きなタイトルだから続いてくれると嬉しいけど
また7年後とかでもイイかなーとか思ってしまうのは、なぜでしょう?w

[PR]

by Future-truth | 2017-05-18 18:33 | ゲーム | Trackback | Comments(0)