夢である事 現世である事 【トラスティベル】

先週くらいから×箱の 「トラスティベル ショパンの夢」 をはじめました。
知らない人が聞くと 「ショパン? 音ゲー?」 ってなりそうですが、実はRPGです。

簡単な説明をすると、死の淵に立たされたショパンが最期に見た夢の世界の物語…かな。
その夢の世界では不治の病に冒された人間は魔法を使えて
多くの物が音楽に関する名を持ちます。
ショパンはこの世界が自分の夢である事を認識しているけれど、この世界を旅しているうちに
本当にこの世界は自分の夢であるか疑問を持ち始めて―

…まだそこまで進んでないから、この程度しかわかってないけどw
ただ、前評判を聞いている感じではすごくシナリオが自己中心的な部分が強いです。
実際に進めてシナリオ読んでいても、そう思えるし。
ショパン自信の目的が 「死の淵に立った自分が、この世界で何を悟ることが出来るか」
といった方向性があるから、重い雰囲気のイベントから何かを得るみたいなケースがあるし。
そしてそれに対して当事者たちが色々語る、と。

史実の人物をモチーフにし、シナリオの内容も結構異色。
そしてエンディングは理解できる人が少ないくらいの展開との噂。
確かにシナリオはかなり粗い部分が見受けられるんだよね。
いきなりオープニングで、ヒロイン(14歳)の幼少期回想のイベントで
母親が人間の暗い部分を語り始めたのは驚いたけどっ。
それでも私的には某12とか、某戦乙女2とかよりマシだと思うけど…。

まあ、完全新作(?)だし最初から全ての面が良いのは稀だろうし
このくらいならまだいいのかなーと思いながら進めています。


あ、一応RPGなので戦闘の方も上げてみると、ほどほどに良いバランスじゃないかな。
シナリオ進めていくと少しずつシステム変わっていくから一概に言えないけど。
根本的にはスターオーシャンのバトルフィールドで、1キャラずつリアルタイム系のターン制で行動
攻撃方法はテイルズオブっぽい感じになっています。
販売元がナムコってのも頷けるねぇ。
(スタオは初期テイルズチームから袂を分かちエニックスに行った人が作ったRPG)

ただ、魔法が使えるって言っても 「エコー」 という、通常攻撃で殴ってヒット数を稼いだ分
技に対してダメージ修正のあるシステムがあるためにキャスターも前に出なくてはいけなくて
調子に乗ってると紙防御でぼっこぼこなんてあるのが…。
ついでに魔法と技は全く同じ様に使えて名前だけ。もちっと差別化されてても良かったような?


そんな事をいいつつも、久々のRPGってこともあって楽しく進めています。
ちなみにわたしのレギュラーメンバーは 「アレグレット・ビオラ・サルサ」 。
ビオラが弓遠隔で尋常じゃないダメで撃ち出しつつ、前でサルサがヒット数稼ぎながら
付近の仲間の技威力上げる技使い、アレグレットがエコー・技ダメ修正ステで高ダメージ!
…とやっております。

あ、わたしはビオラスキーではないですよ。弓スキーなのでs
[PR]

by Future-truth | 2008-03-08 14:57 | ゲーム

<< ナイズル調査は運試し? 痛マクロのススメ >>