Tales of Legendia ふぁいなるれびゅー

ここ数日、Tales of Legendiaをひーひー言いながらやってました。
Tales of the Abissの発売が一ヶ月後くらいになった事だし
さっさと終わらせてしまおうかなーって思ったからです。
で、なんとかキャラクタークエストも全て終わらせてクリアしましたッ。

 ○プレイ時間 : 67時間23分(放置時間も含む)
 ○エンカウント : 1060回
 ○メンバーのレベル : 71~73

うーん、時間とエンカウントが多いような感じがするなぁ。
Tales of Symphoniaのクリア時のデータで570回だからやっぱ多い方みたいかな。
まあ、一番やり込んだTaless of Eterniaは4000回エンカウントさせてるけど!

orz


ちなみにラスボスがかなーり強くて、何度もリトライしました。
なんたって魔法受けてダウンして、起き上がったらまた魔法が来るくらい詠唱が早く
しかも威力は折り紙付きの大ダメージ。あとはちょこっと叩かれただけで全滅ですよ^^^^^^^^^
レベルは普通だろうし、武器・防具も良い物を使っていてこの有様。
Tales of Destiny2のバルバトスも真っ青な強さでした・・・。
(と言っても、バルバトス2回目はある意味Tales of史上最悪の強さだけど)
ここまで来て倒せないのもしゃくなので、最終兵器を導入することに。


 オールディバイド


何時頃から登場したかは覚えてないけど(ToE?)
敵・味方が受ける全てのダメージを半減させるという代物です。
回復魔法やアイテムの効果はそのままなので、倒すまでの時間は長くなるけど
持久力は格段に増す強敵用アイテムなのです。
今までやったTales ofでは一度も使ったことの無いアイテムだったけど
流石に今回は使わないと無理だろうってくらいボコボコにされたので(;´д⊂)
この秘密兵器を使った一回目でなんとか倒せたけど
被ダメ半減させても結構やられてましたよ・・・。
ToLのボスの強さは、ちょっと強くしすぎじゃないかなって常々思ってたけどさ。

さて、不満の1つが出たついでに思いつく限りの不満を書いてみましょうか。
ToLが好きor面白かったって人には申し分けないけど。


  ・スキット(キャラ同士の会話)が少ない。てか内容が中途半端なのばっか。
  ・ヒントスキットが無い。あらすじがあるけども、それだけでは賄いきれない。
   時間あけて始めると直にそう思う。攻略サイトに何度お世話になった事だか。
  ・戦闘の派手さ不足。綺麗なだけなら他にも沢山あります。
  ・クライマックスモードorコンボがしょぼすぎ。
  ・買い物時のボタン一発MAXスタックが出来なくなってる。
   持てる個数が15個と少ないから、回復アイテムを買う機会が多いのに無いのは痛かった。
  ・手持ちリセットが出来ない。むしろプレイ中にデータロードすら出来ない。
  ・キャラクタークエストと銘打ったシステムだけど、普通にシナリオ進めてるだけ。


とりあえず、このくらいで勘弁してやろう(´ω`)
てか、今までのシリーズで培ってきたものはドコに行ったんですかってくらい退化してる気が。
グラフィックだけに囚われて他の物が疎かになってる感じがするしなー。
キャラクタークエストのシナリオは、まあ良いんだけど
良い話ばっかで後の方がやってる人はかなりだれてました。
声付きイベントも目で追ったら言い切る前に進めてたし・・・。

とりあえず、これでクリアしたから毎度おなじみのサウンドテストはあるだろう!
(今までの携帯ゲーム機以外のシリーズではクリアすると出てきたオマケ。
 ボツ技のボイスとかゲーム中の台詞・BGM聞けたりします)
と、思ってタイトルに戻ってメニュー画面に行ってみると~
・・・あれ、今までと変わってないな?
コンフィグの中にあるのかなーと思って、コンフィグの中を見てもそれっぽいのが無い。
もしかして2週目のゲーム中だけかもって思って2週目してゲーム中のメニュー見ても無い。


  サウンドテストすらないのかypヽ(`д´)ノ


ホント、今まで培ってきたのはどこに行ったのやら・・・。
まあ、メインで製作したのはテイルズスタジオではなくて
ナムコ本社の方で作ったチームのメルネスだからっぽいので
しょうがない部分もあるけど、それでも酷すぎだよ・・・。
(ちなみにメルネスが本社のチームだってのは又聞きなので、正情報かは定かではないです。
 でも、ToLやった感じではテイルズスタジオが作ったもの、従来とはかなり違うく感じるので
 私的にはそう言われると解る気がしています)
[PR]

by Future-truth | 2005-11-18 21:08 | ゲーム

<< 終わりと始まりが在る処 3国ヴォン、狩人の現状 >>