感傷に浸りやすい人のWA4感想

「正しいこと、悪いこと・・・
 今まであやふやにごまかしてきたからって
 未来にまでそうすることはないだろッ!!!」

彼の手の中にあるのは二丁のARM。
沢山の思いが込められたこれと共に、3人の仲間と神剣に立ち向かう。
彼らもまた「貫く者」。「未来」へと貫き進む力を持った強き者達・・・。




お馴染みのグデグデ書き出しから始まりましたが、WA4クリアしました。
私的には結構良かったなぁ。ToRより良かった。

デトネイターになってフィールドがなくなったり、戦闘バランスがとんでもない事になったけど
シナリオ面ではやっぱいいなーって思いました。
一貫したテーマがあるってのと、それが難しくなくわかりやすいってのも私的にGood。
ARM関係で専門用語が出てくるけど、世界観出すには許容範囲でしょうし。

ただ、最近のRPGと比べると少し短めかも?
でも一貫したテーマで長くすると、ダレる可能性もあるから丁度いいと思ったけどね。

戦闘面ではラクウェルの存在が全てを壊してましたねw
どのくらい壊してたかって言うと・・・


 ボス戦が始まりました。
 先手はボスが打ってきました。移動後、連続行動が可能な能力を使って
 ラクウェルに攻撃をしかけてきました・・・!
 が、あっさり避けてカウンター。しかもクリティカル。

 ・・・。

 ボス、撃破。


特に意識して経験値稼いでなく、普通にショップに売ってた武器を装備しててこの強さ。
一応終盤に入りたての時のボスなんですよ(´・ω・`)
その後に「攻撃力860、4回攻撃、防御力無視」なんておかしい性能の武器を拾って
更にその強さに磨きがかかったし(;´ー`)
(比較としてその前の武器は攻撃力1420、2回攻撃)

おかげでボスを倒すのが簡単になって、こんなにも早くクリア出来たんですけどね。


エンディングの方は、10年後のエピソードが流れるのだけど
最初そのテロップ見たときは「いらなー」と思ったけど
アルノーとラクウェルのエピソードは良かったです・・・。
(でも、ジュードとユウリィのは別にいらないようなw)
まあ、私的にデトネイターの真の主役は
アルノーとラクウェルだと思ってるからかもしれないですが。

それと、よく子供が将来何になりたい?って聞くと
「おとなになりたい」
って言う子供もいるけど、これも考えさせられるようになりますねー。
ただ単に年だけを重ねて大人になりたいんじゃなく
意味ある大人になりたいって事じゃないかって。
まあ、思慮の浅い子だと単純な意味なのかもしれないけどw
一概に呆れる様な答えではないのかもしれないですね。


さて、わたしはジュードの言うようなカッコいい大人になれてるだろうか。
むしろ大人になりきれているか・・・。
それと「真に美しいもの」も見つけられるだろーか。

・・・まだまだ子供だろうなぁ。結局口だけだし。
[PR]

by Future-truth | 2005-04-06 22:38 | ゲーム | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://thisfuture.exblog.jp/tb/2450140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 声変わり変わり  T i m e >>