深淵に至る場所

大迷宮バハムート。
FF14パッチ2.0の段階で一番難しいとされるエンドコンテンツであり
旧版FF14で訪れた「第七霊災」の秘密を暴くコトの出来る場所。
しかし、その難易度は折り紙つきで正式稼動した今でも
実装分をクリアした人は片手で数える程度という代物です。

…不具合あって最終層の5層が暫く未解放だったけど。

とはいえ、最初の1層からとても難しくて
ココに来れる様になった段階で行ってみたりすると
最初の敵にあっさり返り討ちにされてしまう程です。

そんな大迷宮に、とりあえず全滅しに行こうゼー★
ってノリで始めに行った時は、やっぱり余裕の全滅でしたw
まだ装備が整ってないし、これを攻略するのはまだ先のことだろうな~
なんて思ったものです。

ところがリベンジしようって話が出てきて
ちょこちょこ行くようになると段々何が必要なのか解ってきて
時間とともに装備も良くなってきて
最初は「こんなの無理www」と思った最初の敵も
倒せたときは拍子抜けするくらいだったなー。
まあ、そのあとのボスにまたボッコボコにされたんだけどw

ということで、ちょこちょこ大迷宮の攻略をしています。
本当は大迷宮の前に少し難易度の低いダンジョンがあるんだけど
これはパッチ2.1で実装されるので今は未実装。
なので無理して攻略してる部分はあるものの、一応それ相応の装備は入手できるから
なんとかなってる感じかなぁ。

実を言うと大迷宮に行く気はなかったんだけど
みんなが誘ってくれたので足しげく通うようになりました。
コツコツと挑戦を重ねて攻略していくのは嫌いじゃないからね。
今では最後の5層まで行けるようになりなりました。
クリアできる気配すら感じ取れないけどね!w

ただ、今まで補助系やアタッカーをやるコトが多かったので
ココに来てようやくヒーラーの面白みを理解してきたかも。
攻略の始めのうちは試行錯誤っていうのもあって被弾が多かったり
立ち位置の関係で魔法が飛ばなくて自分で調整をするなど大変だけど
それぞれの行動がブラッシュアップされてって攻略が進むと
回復の頻度が大きく変わるし周りを見る余裕も出てきて
結果だけでなく過程の段階でも進歩を感じれて面白いね。

そんなこんなで難しいダンジョンに合わせて装備も少し新調してます。
大迷宮には学者で行ってるから学者をメインで強化…
したいんだけど、個人的には詩人も整えたくて困ってますw

とりあえず学者は今までどおりのヴァンヤローブにヴァンヤハットを被って
あとはDLシリーズにしています。アクセはローズゴールドイヤリング以外市販の物だけど
案外なんとかなってるのは一緒にヒーラーやってくれてる白さんのおかげかもしれませんg
b0004722_9525399.jpg

詩人は念願の神話胴を使っていますw
AF1の色違いだけど、それだけでも雰囲気がまるで違うね~。
ただ、足がDLカリガで太く見えるからなんとかしたいです_(:3」∠)_
b0004722_9545271.jpg

あとは見た目が殆ど同じな白があるけど、コチラは保留中。
白のレリックであるタイラスも作ろうと思えば作れるんだけど
その際に哲学ってポイントが必要になるんだけど
今は学者と詩人の強化に回したいってのがあるからね。
それに白できる人は多くても、学者をする人は少ないからってのもありますがw

ただ、攻略に関して全く問題が無いわけではないんですよねー。
攻略が一週間刻みになってて、その都度記録を消されて1層からになるんだけど
一度クリアをするとクリアをした層には行けないって仕様があるので。
おかげで手伝いなんて出来ないし行く人は固定になりがちになるから
色々とモヤッとする部分が沢山あるんだよね。

ヨシピー(FF14プロデューサー)自らそれを延命処置と言ってるけど
これは返って寿命を縮めてると思える箇所なのでなんとかしてほしいなー。


とはいえ、まだまだメインシナリオを攻略している人もいるコトだし
出来る限りそれらを良い塩梅で手伝っていけたらなーと思っている馬鹿猫なのでした。
[PR]

by Future-truth | 2013-10-29 09:57 | FFXIV

<< 知行合一を知る 【学者】 今日のゴハンは何にしよう? >>