刻む事を辞めた時計

去る11月11日。
この日はFF14で最後のイベントが行われました。
最後…と言っても現行版での話しです。
そして、このイベントが幕引きした時、現行の終了ともなるのです。

ということで、現行の最後を見届けようと
会場となるモードゥナ地方に玉葱LSで集まったんだけど
ものの見事にキャパオーバーでモードゥナ地方は何度も落ちました\(^o^)/
やっぱり最後のイベントということで、みんな参加しようと沢山の人が集まってて
イベント開始の15時少し前から落ち始めるという有様でしたヨ。

それでもログインオンラインを越えて決戦の地に踏みとどまるものの
PC表示限界数の何倍もの人が集まっていて非常にラグラグ。
大多数の人は棒立ち状態で何をしているか解らず、唯一まともに動いているのは
減っていく敵のHPバーくらいといった状態(´ω`)

システムメッセージでウルダハに魔物の奇襲があったとか流れて
実際に色々なモンスが攻め入ってたみたいですが
多くの人はモードゥナの方で頑張っていました。
でも頻繁にキャパオーバーで落とされてまもとに遊ぶことが出来ないのに
力あるものはモードゥナに援軍として来てくれ~
ってシステムメッセージで流れるのは、何か違うのではと感じました…w

幾度なく落とされて、モードゥナの抗戦に参加することに諦めたわたしは
玉葱LSの溜り場となっているウルダハの噴水前で残りの時間を過ごすことにしました。
流石にココは平和で落ちることもなく、避難してきたみんなと話しながら
何かあるであろうと思われるイベントの終了時刻17時を待っていたんだよね。

そして17時。
それぞれの場所でお別れの挨拶が交わされる中
ついにその時に至った訳ですが、それは一瞬にして訪れたのでした。


17時ピッタリに鯖停止。


もしかしたら最後にムービー流れるのかも!
と思っていたけど、見事に何もありませんでしたw
丁度、ぼんさんがチャットルームを開いてくれていたので
そこでみんなして「なんだこれー」とブーブー言ってました(ノω`)

でも、本当に何も無かったわけでなく、Youtubeの方で
「時代の終焉」というタイトルでムービーを残していました。

このムービーで現行FF14がどう終わったのかを見ることが出来るようになってたんです。
まあ、その方が公平に見ることが出来るけど、実際にインゲームに居た人たちにとっては
少し寂しい終わらせ方だと感じました…。

ひとまず、ダラガブに封じられていたバハムートによってエオルゼアは焦土と化しますが
賢者ルイゾワによって講じられた策でバハムートを封じようとするものの失敗。
バハムートに対して打つ手の無くなったルイゾワは、時神アルジクの力を使って
PCを何処かへと飛ばしたところでムービーは終わってしまうのでした。
b0004722_2152843.png

b0004722_21435615.png

前にプロデューサーのヨシピーが
「新生のシナリオの1つに、第七霊災(今回の破壊)とは何だったかを追うものがある」
と言っていたので、それに繋げる為の伏線を表しつつ終わらせたって具合ですね。

この後に放送されたプロデューサーレターLIVEで
新生のαテストは11月いっぱいは確実に行う予定で
βテストは早くて来年の1月下旬だそうなので、本稼動まではまだ長いみたい。
αテストの進行状況やヨシピーの話を聞く限りは、かなりしっかりと作っているみたいだし
ちょっと長いとは思うけど、期待しながら新生を待っていようかなー。


それにしても、わたしがエオルゼアに来た一年半ほど前は
その時はFF11の合間に少しずつ進める程度だったんだよね。
それがいつの間にか逆転してFF14がメインになって
FF11からFF14に流れてきたフレたちをLSに誘って玉葱LSを作って
それぞれのペースでエオルゼアの世界を見て回るのも楽しかったな。

近いうちにメンテとか全くしないことを前提に、新生に影響のない状態で鯖を開くそうだけど
やっぱりみんなログイン率は減るだろうから、またみんなでワイワイと遊べるのは
新生になってからなのかなー。
そう考えると少し寂しいけど、その日を楽しみにすることにします(`・ω・)



オマケ : 「時代の終焉」で流れる曲"Answers"フルバージョン ⇒ YouTube,ニコ動
[PR]

by Future-truth | 2012-11-12 21:37 | FFXIV

<< されど人狼にあらず 【リアル脱... 選択の末路 【ToX2】 >>