材料は全て味見で減る分を見越した分量です

温かい中華はじめました。
…なんか色々とおかしい。

あれからコツコツと調理を上げていますが
現行あと一ヶ月というところでキャップが見えてきました。
このペースなら現行で調理もLv50にすることは可能
…というより、クラフターALL50も現実味を帯びてきました。
やってる本人もクラフターのレベル上げはそんなに面白くないと思ってるけど
会話に参加しやしかったり、テレビを観ながら(!)でもやれてりするので
かなーり自由気ままにやれるのは性に合ってるんだと思います。

さて、前回からどんな感じに上げたかというと…


●Lv25~30:エーコンクッキー(適正34)
  材料 :ライ麦粉x1
       食塩x1
       アイアンエーコンx1
       ミネラルウォーターx1

b0004722_11461157.png



 ライ麦粉は自作する必要はあるものの、安価に作れるし
 食塩とミネラルォーターも店で安価に買えるのが強みです。
 アイアンエーコンも伐採で沢山採れるので投売りされてるのも珍しくないから
 かなり安く作ることが出来るからオススメレシピかもです。
 クッキー自体もそこそこ需要があるので微黒で作れたりもします。
 問題はLv25からだと適正から遠いという点ですが
 ココはわたしが進捗系GSが揃っているという利点を使って
 30進捗を2つ盛り込んで美味しく頂きました。


●Lv30~33:スモークドラプトル(適正36)
  材料 :ラプトルのモモ肉x1
       オリーブオイルx1
       サンレモンx1
       食塩x1
       ブラックペッパーx1

b0004722_11463024.png



 モモ肉はラプトルがレベル上げの対象だから安くリテ街で買えるし
 サンレモンも伐採でハズレ扱いなので安くリテ街に並んでいます。
 オリーブオイルは少し錬金の心得があれば自作してしまえるし
 食塩とブラックペッパーは店買いで賄えるから楽に作れる部類かな?
 需要もしっかりあるので黒字で上げるのも難しくないはずです。
 モモ肉を塩・胡椒で下味を付けて、オリーブオイルで豪快に炙った
 手羽先のイメージに近い料理なのかなー。
 最後にレモンをキュっと絞って美味しく頂くのでしょう(´¬`)


●Lv33~35:カープ&マグワート(適正38)
  材料 :ベロジナカープx1
       食塩x1
       マグワートx1

b0004722_11464277.png



 鯉は安いときにリテ街で買っておいて、食塩とマグワートは店買いで済ませました。
 そこまで需要があるとは言えませんが、ちゃんと流れを見て売りに出せば
 普通にとんとん~黒字で上げてしまえるレシピです。
 ヘルプテキストを見る限り、食塩を下味にして刻んだマグワートをまぶして
 それを炙ったシンプルな料理のようです。
 私的にはマグワートで包んで香草焼きみたいにしたほうが良さそうに思うけど
 それだとマグワートの香りが強く出すぎるのかな?


●Lv35~40:ビーフジャーキー(適正41)
  材料 :バッファローのサーロインx1
       食塩x1
       ブラックペッパーx1
       サゴリーセージx1
       ナツメグx1

b0004722_11465587.png



 食塩とブラックペッパーはいつものように店買いで揃えて
 サーロインは安いときにリテ街で買って保存しておきます。
 セージとナツメグはリテ街の値段次第では買ってもイイけど
 伐採があがっているのであれば自分で採りに行ってもさほど苦労はしないかも。
 詩人・竜騎士にピッタリな食事なので売れ行き上々だから
 普通に黒字レシピとしえ使えるのがうれしいところ。
 ヘルプテキストには干し肉としか書かれては居ないけれど
 たぶん下味に塩・胡椒をして、セージとナツメグで肉を寝かせて
 臭みを消したジャーキーっていうことなんだろうね。


●Lv40~43:パイクのキャベツ巻き(適正45)
  材料 :ミッドランドキャベツx1
       ノーザンパイク(サウザンパイク)x1
       食塩x1
       ゼラチンx1
       クルザスカロットx1
       リーキx1
       クローヴオイルx1
       ミネラルウォーターx1

b0004722_11471192.png



キャベツ・ニンジン・食塩・水は店で買ってしまって
パイクとリーキはリテ街で安い時に確保。
ゼラチンとクローヴオイルは自作して調理していました。
ヘルプテキストを読むだけでは、パイクを野菜と一緒にキャベツで包んで焼いた…
と考えられるのだけど、水とゼラチンを材料として使うのでそうじゃないんだよね。
この2つを使うと考えると、キャベツを器にして水とゼラチンで素材を炊き上げる…
ということなのだけど、すごいことに実際にそれを実践してみた人が
ロドストに記事を上げているので興味のある人は検索してみるとイイかもッ!
(ちなみに、パイクとはカワカマス属の魚のことで実在するそうです)



ここまでは順調に上げることが出来たけどLv43からの良いレシピが見つからず
ここからはリムサとウルダハのローカルリーヴを使ってLv45まで上げました。
まあ、大部分は平行して上げてた鍛冶と錬金を回すため
という目的があったんだけどね…w

一応Lv45から良さそうなレシピはあるものの
それ1つだけで上げると大量の在庫を抱えてしまう懸念があるから
ある程度ローカルリーヴでレベルを上げてから、そのレシピでラストスパートしようかな~
なんて考えています。

GSも全て揃ったし、調理ではHQを狙う意味が殆どないから
主要な料理を全て作れるLv45で止めててもイイんだけどねー。
冒頭に書いたように、折角だから現行中にLv50達成できるように
コツコツとレベルを上げていきますよ~。


あ、リクエストのあったスィーツに関しては
ネタがあるのでそのうち披露する…かもしれません(ぇ
[PR]

by Future-truth | 2012-10-13 11:47 | FFXIV | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://thisfuture.exblog.jp/tb/19218137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 臼魔のE at 2012-10-26 02:15 x
こっちの世界はいいなー。
食事のアイコンもリアルで美味しそうw

リアル生活がぜんぜん落ち着かないから、まだまだそちらへの一歩は遠いですが、考えてみたらFF11も熟練冒険者が山のように(業者もたんまり)いるところへ入って行ったのだから、FF14も「もう今更新規プレイヤーなんて入ってこないよなー」なんて言われる頃に足を踏み入れても良いような気がして来ました(笑)。
(実際FF11始めた頃には初めて入ったLSメンに新規を装ったネカマプレイヤーじゃないかと疑われていたようで、本人はそんなことまったく気づいてもいなかったのですが、2年ほど経った頃にそのLSメンから謝罪を受けて真実を知りました(笑)。

私がそっち行った時にそんな疑いを持たれたら弁護してねwww
ちなみに首は最近FF14が出来るスペックのノートを購入しましたよとwww
Commented by Future-truth at 2012-11-08 19:22
それなりに明るい情報が聞こえる新生だけど
まだまだ全貌は明らかになっていないから
そういうのが出揃ってから、どうするか決めても
遅くはないと思うよ。

新生でも同じスタンスができるなら
ギャザクラはかなり自分のペースで遊べるクラスだから
少しずつやるだけ~ってスタンスでも遊べるとは思うけどネ。

…てか、ノートPCでFF14動いても熱が恐そうだよw

<< 栗きんとん-1 モグハウスと、その入り口の間 >>