それが希望か絶望か 【ダンガンロンパ】

数週間前のこと、波LSの1人がダンガンロンパ2というゲームをしていると聞きました。
どうやら推理物のゲームらしく、知っている人の話によると
逆転裁判のように犯人を探し当てるゲームとのことです。
…わたし逆転裁判したことないけど。

ちょっと気になってこのゲームのコトを調べてみたら
そういえば面白そうだなーと思いつつもスルーしたタイトルだったのを思い出し
丁度前作の「ダンガンロンパ」がベスト版で出ていたので買っちゃいましたw


このゲーム、少し複雑なので最初に序盤のあらすじを話すとしますが
極々普通の高校生男子である苗木誠が希望ヶ峰高校に入学するところから始まります。
ただ、この高校は普通の学校ではなく、それぞれの分野で特に秀でた高校生を集めた学校で
超高校級の○○といった具合に二つ名を持っているすごい人ばかりが生徒になる学校です。
じゃあなんで普通の高校生である苗木が、そんな学校に入学したのかというと
普通の高校生を対象に抽選で選ばれた、たった1人の高校生ということで
超高校級の幸運児という名目が与えられたのでした…。

この学校を卒業すれば煌びやかな将来は約束されたのも同然。
しかしそう謳われた学校もいまや昔で、黒幕によって支配された希望の学校は
絶望の学校へと変貌しており、苗木たち新入生は学校に閉じ込められてしまいます。
そこに現れる学園長を名乗るクマのぬいぐるみのようなモノクマ。
色々な意味でアンバランスなモノクマから伝えられたことは
一生この学園に閉じ込められて共同生活をしなくてはいけないということ。
勿論、新入生からは反発の声が挙がりますが
その声を待っていましたかと言わんばかりに話を続けます。
その内容は、「あること」をすればこの学園から出ることも可能であるということ。
しかし、その「あること」というのは「殺人」という常軌を逸した内容だったのでした──。


ということで、各分野で活躍する高校生たちが
学校から脱出するために殺人を犯し、その犯人を探し当てるゲームです。
(この辺りの詳しいルールとかは、書くと長くなるので省きますが、公式にチャプター1までなら
 動画サイトに上げても良いとされているので探すと見つかるはずです)


流れとしては、最初は普通に学校探索や生徒と交友して
殺人が発生したら犯人を突き止める証拠を探し、そして犯人を割り出す学級裁判…
と、3つに分かれています。

証拠探しに制限時間が無く、必要となるものを全て揃えてから
学級裁判が発生するようになっているので
証拠不充分で詰んでしまうということがなかったのはユーザーフレンドリーかな。
そして肝である学級裁判は色々な要素が盛り込まれていて
矛盾発言に対してどう論破するというだけでなく
シューティングやリズムゲーとかアクション性も伴ったシステムでした。
ただ、フレンドリーさ全快なためにチャプター3くらいまでチュートリアルみたいにも感じられて
思っていたより難しくは無かったなーという感じです。
(というか、チャプター3という中盤で学園のカラクリを読み当ててしまったくらい。
 ちゃんとカラクリに対して伏線も張られているので
 殺人犯当てよりそっちを考察するのもアリかも)


それと、学級裁判のアクション性に対しても難易度を決めることができて
推理をしたいわけでアクション性は求めてないよって人でも
難易度を下げれば結構簡単になるので良い感じに手の行き届いているシステムでした。

そうそう、苗木の同級生となるキャラクター達ですが…
超高校級の風紀委員や超高校級の野球選手といったオーソドックスなのかr
超高校級の暴走族とか超高校級のギャルといった、ナンダソレというメンバーもいます。
この辺りはイイのだけど、超高校級の同人作家の山田と超高級の文学少女の腐川は
わたしにとっては結構キツいキャラでしt

わかる人用にどんな感じか書くとすると
サウンドノベル系って小説と似たような感じで読み進めることができるのでは?
と思ってやってみたシュタインズ・ゲートの体験版に出てくるキャラみたいな方向性のキャラです。
…うん、わたしにはこの手のはムリ。

それでもしっかり最後までやれたのはシステムの良さと話の進め方もしっかりしてて把握しやすく
推理内容も終盤は結構凝っていて頭を捻って考えてたからかな。
ゲームとして普通にオススメはできるけど、アクションが苦手という人と
あまり過度に濃いキャラは受け付けないって人には少し難しいカモ。

ただ、学園長ことモノクマの声をドラえもんの人がやっているんですが
このモノクマは結構キツい発言をするので、ドラえもんの声で
「オマエら」とか過激な発言を聞くのはちょっと新鮮味がありましたヨ。


ということで、若干手広くオススメするのはできないかもしれませんが
ゲームそのものは面白かったので、ちょっと気になった人は
公式や動画を探してみるとイイかもですー。
[PR]

by Future-truth | 2012-09-20 19:45 | ゲーム | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://thisfuture.exblog.jp/tb/19014972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by recess_xi at 2012-09-21 09:52
ポップなキャラクタなのにCERO:Dたる所以にゃん

DL版が安くなった時に買おうかなーと思ってそのまま忘れてたーよ
Commented by Future-truth at 2012-09-21 20:17
そうそう、キャラの見た目とか雰囲気は緩いのに
やってることは結構とんでもないことなんだよね。
でも、不思議とそんなに違和感を感じなかったのは
上手に世界観を形成できていたからなのかも?

とりあえず、一部発言がアレでソレだけど
リセスさんなら平気だと思うのでオススメします(何

<< 武器としての用途はご遠慮ください 立ち向かうは4つのタマネギ >>