1組の舞い踊る仮面

ユーザーイベント。
それはゲーム中に出来ることを創意工夫で1つの遊びに昇華させ
ユーザーが主催となってその遊びを使ったイベントを開催するもの。

わたしはこれまで、FF14のユーザーイベントに参加したことはありませんでした。
というより、ユーザーイベントの告知を見たことなかったというのが正しいのかな。
まあ、そう頻繁にあるものでは無いだろうし、無いということには気にかけていませんでしたが
先日、ロドストで新着の日記を読んでいたらユーザーイベントが開催されるんだよ
っていう日記がありました。
リンクのあった主催者さんの日記も見てみると、どうやらリディル鯖でのイベントの様子。
参加出来そうな時間からの開催だったし、FF14のユーザーイベントに興味があったので
この日は参加してみるとこにしたのでした。

そして当日の夜。
街に居ると時折イベントをやるよとシャウトが聞こえてきます。
そんなシャウトを耳にしながらも、わたしはノコギリを持ってオークハーフマスクを作り
真新しいそれを顔に付け、会場であるグリダニアのミィ・ケット野外音楽堂に向かうのです。

何故マスクを付けるのか?
それは、このイベントが「仮面舞踏会」と銘打たれた催しだからなのです。


さて、そんな舞踏会に参加するのならイイカンジに着飾って行きたいですよね。
ということで長時間の草刈と運の結晶であるヴァンヤローブを着て行きました。
戦闘の時に使わないし、こういう時に着ないと勿体無いしねー。

開場時間から少し経った頃に会場に着いたのですが
この時点でそこそこ人数が居たかなー。結構大きいイベントになりそうな雰囲気。
ひとまず会場入り口に居た係りの方に一声かけて
イベント用LSを頂いてのんびり時間を待つとしますよ。

しかし、ぬぼーっとしながら周りの雰囲気を楽しんでいると
どーも多くの参加者はフレら同伴での参加が大多数みたい…?
もしくは主催LSさんの知り合いとか、そんな感じ。
わたしのように単身乗り込むようなのは、もしかして全然居ない?
…若干変な汗が出そうになったけど、リアル脱出ゲームにも意気揚々と参加出来るくらいなので
今回も大丈夫きっとそう(ぇ

開演時間になると舞台の方に主催さんが現れて
頂いたLSから軽快なイベント進行を始めました。
まずはイベントの概要説明とか、そんな感じだったかな?

この「仮面舞踏会」は2人1組で行うイベントで、2人でエモートしあう遊びです。
まず最初に主催さんの方でシャッフルをしてペアを作って
ペアが決まったら1組ずつダンス(エモート)の披露をします。
この際、主催さんが3~4個のダンスのお題を出してくれるので
その後のカウントダウンに合わせて、お題の中から選んだダンスを実行。
それが見事当たったらポイントゲット。それを5回繰り返すというもの。

確かに始めたての人でも参加出来るイベントだねー。
しかも見知らぬ人とペアを組んで、打ち合わせ無しにダンスを合わせるのは
なかなか難しそうですよ。リハーサルで主催さんらがやった時は、全然合わなかったそうだしw

そして進行はペアの発表に。
基本的に初対面の人と組んでいる人が殆どだったのかな?
中には一緒に来たフレと当たっていた人も居ましたが…w

さて、わたしのペアとなってくださった方は、猫型ロボットさんでした。
…えーと、確かこの装備ってレイドのレアドロップのか、高難易度作成レシピのだよね。
とにかくガチガチに固めた鎧を着たミコッテさんです。
そしてわたしは高難易度作成レシピのヴァンヤローブ。
装備的にガチな組み合わせ…!
b0004722_13555590.jpg

浮いてないよね。うん、浮いてない…。

ペアが決まったらダンスの披露ですよっ。
呼ばれた順番に各ペアが舞台に上がってダンスをするのですが
やっぱりなかなか合わないみたいですねー。
わたしらのペアも早々に呼ばれたのですが、5回中1回しか合わなかったし。
うーん、ちょっと深読みしすぎたかな。ごめんよ猫型ロボットさん(´・ω・`)

ですが、このとき話題を攫っていたのは1人のミコッテさんでした。
というのも何故かわかりませんが、スナック菓子の如くラプトルのモモ肉を
ことあるごとに食べていたからなのです…!
まあ、開演前から食べていたので気にはなっていたのですが
ダンス披露の合間にも食べていたので、その様があまりにもシュールでw
おかげで舞台で何か食べるのが流行になっていましたw
主催さんは困惑気味でしたが…っ。

ダンスの披露のほうは順調に進み、時折sayでの会話と唐突な食事現場を公開しつつも
たしか12組(オイ)のダンスを終えることが出来ました。
そして少しの集計の後、一位のペアの発表になったのですが──
なんとまあ、4組のペアが同率一位という結果になっていました!
けれど準備の良い主催さんは、このことを予期していたんでしょうね。
テキパキと一位決定戦の組み合わせを決めていました。
b0004722_13555017.jpg

4組居たので、2組ずつ舞台に上がって交互にダンスを披露し
ダンスが合った回数の多いペアが一位決定戦に進むという形になっていました。

それにもしても、この一連のダンス披露はすごかった!
同率とは言え一位となったペアだけあって結構ダンスが合うんですよね。
追いつ追われつの一進一退のダンス勝負に、自然と会場は沸きあがり
多くのエモとsayでの応援や会話が飛び交うようになっていました。

そして一位決定戦。
ちょっと時間が押してきたので規定数は3回とし、それでも決着が付かないときはサドンデス
というルールとなったのですが、流石に3-2で上り詰めたペアだけあって
白熱した攻防戦を見せてくれました。
b0004722_13563813.jpg

うろ覚えですが(何)たしか…
最初は両方のペア共にダンスは合いました。
しかし、次のダンスで先行側が失敗!
ここでポイントを取れば有利となる後攻側はダンスを成功させて1-2に。
負けられない先行側は失敗を取り戻すかのように3回目のダンスは成功させて
勝負の行方は後攻側の3回目のダンスの結果次第という展開!
みんなが注目するなか、とても大きなプレッシャーがあったのでしょうが
主催さんのカウントダウン後に眼にしたのは…
息の合った綺麗なダンスでした。

ということで、一位決定戦は2-3で文句なしの後攻側の勝利となりました。
おめでとうございますっ。


3時間という長丁場でしたが、わたしとしては結構楽しめましたw
最後はみんなで集まって記念撮影となりましたが
ここでもダンスの選択を迫られるというw
30人以上もいただろうから、ぜーんぜん合ってなかったけどネw
b0004722_13404268.png

主催さん、楽しい時間をありがとうでした!
[PR]

by Future-truth | 2012-06-03 13:45 | FFXIV | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://thisfuture.exblog.jp/tb/18387501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 御神薙 at 2012-06-04 16:12 x
なんか1枚目のSSでふつれさんの隣の人がデュラハン(首無し騎士)に見える・・・
これって一体どんな装備??
あとついでにふつれさん、浮いてる?w
こういうユーザーイベントを公式がサポートしてくれるといいんですけどね~
現状でそういうのは望めないか・・・
Commented by Future-truth at 2012-06-05 18:08
後ろ向きのSSを見ると解るかもだけど
肩の部分の鎧が頭の方まで伸びているんだよ。
頭の部分は耳があるから、そこから見て取れるかも。
ちなみにシッポまで鎧ついてますw

>あとついでにふつれさん、浮いてる?w
う、浮いてないよ!
物理的には浮いてるけど!
Commented by あに at 2012-06-05 23:49 x
こういうのいいですね!
低レベルでも参加できるのがいいなあw
未来さんのうしろのほうに、ヴァンヤローブ着た方がもうお一人見えるのですが。
その方私がよく見てるブロガーさんだったww
Commented by Future-truth at 2012-06-06 17:53
FF11でもユーザーイベントはちょこちょこあったんだよね。
ヴァナ芸人と評して色々な鯖を歩き回った方達や
ダンスエモを駆使した踊り子同盟とか。
エオルゼアでも、そういった方達は出てくるのかなー?

そしてもう1人のヴァンヤさん。
ブロガーさんだったんだね…!
探してみようっと(何

<< しんたまねぎ 後ろで熊猫さんが糸を引いていた >>