それは偽りのキュロット

弓スキーなのはフレ間では周知の事実ですが、どちらかというと支援系も嫌いではないので
FF14で数少ない残りの幻術士もレベルを上げていました。
レベル上げだとケアルマシーンなのは事実ですが
白魔道士がジョブで追加され、色々なアクションが追加されたことで
アレコレ考えながら出来るクラスになるかなーと思ってね。

ってことで、幻術Lv50になってから白魔のクエを進めてみましたよ。
内容としては、幻術の発祥グリダニアらしく精霊にまつわるお話でした。
角尊(つのみこと)と言うグリダニアでは重要な地位(家系)に居るラヤ・オ・センナから
ココ最近、精霊の様子がおかしいから調べて欲しいと頼まれるというか強要されて(ぇ
怒った精霊を見つける為に各地を奔走するって流れかな。

最後にはエオルゼアが危ないから助けて!
みたいな感じに、あまりにも話しが大きくなるから少し白けるものの
ちゃんとしたシナリオ展開があるからクエストとしては良かったカモ。
詩人のなんて、一切イベント無しに戦闘突入してたからさ…。

ちょっとした意外性と、エオルゼアでの幻術・白魔の成り立ち
精霊側の考え方が垣間見ることが出来るので、なるほどねーと思いながら見てましたw


さて、ジョブクエを進めたということはAFも揃えたってコトなのでお披露目します。
たぶん、FF11よりも白魔ってイメージに近いかもしれないです。
b0004722_1929078.jpg

ロングローブがらしさを際立てているのかもねー。
FF11のは、FF14で言うハーフローブだったし。
ただ、私的には小物入れの鞄とかはFF11のがイイと思うな。
ミスラだと後ろに尻尾用スリットがあるからお腹に付いていたりとか
そう言った細かい演出が好きだったので。
あ、ちなみにフードはかぶれませんw


ところでこのヒーラーアタイア。
脚装備のヒーラーキュロットがとんでもなくて驚きました。
いえね、キュロットと言えば今まではズボンチックな装備だったか
そういうのだと思っていたから、これもそうなのかと思っていたので…。
どれだけ変わっているかというと──


Before
b0004722_19361226.jpg








                         ヒーラーキュロット
b0004722_1937319.png







After
b0004722_19374111.jpg

ミニスカートとか、そんな次元ではないです。
フェーミナサブリガです。
どうしてこうなった!

ちなみに胴、もしくは腰に装備をするとスカートは消えます。
手持ちの装備では消えないのが無かったので、何か着るとダメみたい。
つまり、このヒーラーキュロットをロングローブ系以外で使うとすると
色々な意味で勇気が必要という、とんでもない装備だったのだ!

今の所、白AFは優秀だからセットで着ていても問題ないけど
今後どうなるかは保障が無いからなー…。
多くの意味で頭を悩ませるAFなのかもしれない(;´ω`)
[PR]

by Future-truth | 2012-03-24 19:48 | FFXIV

<< テラー1/2 Meganeを冠する者 >>