規律とは 自由とは

最近、ヘンテコなコトばかりしているスクエニさん。
その所為もあって新しいゲームもスクエニだと警戒心を抱くようになりました。
といってもヴァルキリープロファイル2あたりから、嫌な兆候は見受けられていたけどねw

でも買っちゃいました。スクエニ産のゲームを。
わたしも警戒したんだけどねー。色々なトコを見てもスクエニだし大丈夫?
ってな内容が多くて失笑はしていたのだけどw

何を買ったかと言うと 「タクティクスオウガ 運命の輪」 です。
15年前にSFCで発売されたシュミレーションゲームのリメイクですが
シナリオの大筋は王道ながらも、内容はかなりシリアスかつブラック。
そして普通のゲーム展開で考えていると、良い意味で裏切られます。

やっと中盤に入ったところなんですが、シナリオは大きな変更は無いみたいですが
ゲームシステムはガラリと変わっていて、オリジナルをした人でも
ちょっとは新鮮味を感じられるかな?

とはいえ、戦術の基本は変わっていないので
オリジナルを知っている人にはヌルい方かも?
特に弓が強いのが変わりがないし、弱体魔法が重要な戦力であるし。
ただ、魔法とかのステータス補正は変更になっているので
元アーチャーのウィッチ弱体無双は出来なくなっていますw


ちなみに、うちの部隊名は 「カトゥラエ隊」 。
アビセアのHNM種族名から頂いた訳ですが、カトゥラエの元ネタが
将棋やチェスの起源となったボードゲーム 「チャトランガ」 からだそうで。
そしてカトゥエラ族は神々の遊戯による手駒らしーので
なんだかシナリオに合ってるかなと思って頂きました。

メンバーは固有顔グラ持ちのキャラが多いかなぁ。
オリジナルでは全然使ってなかったプレザンスさんが、どういう訳かスタメン中。
でも、シナリオ上の戦闘でちょくちょく会話してくれるので新鮮w

Cルートなので、アロセールは勿論、かのぷーは弓で活躍中。
ヴォルテールは普通にナイトで突き進み、バイアンもヴィザードまっしぐら。
でも、ジョブ性能がびみょーなヴァルキリーのシスティーナは気紛れでソードマスター中。

それにしても、モンスターつよくなったねw
グリフォンはそう感じないけど、ただのタコだったオクトパスや
使いにくかったドラゴン族も、めっちゃ硬いし一撃は重くなったし。
故にそれらのアンチとなるドラグーンも相対的に強く思えるなー。
普通に防御力も高いしね。


そんな感じで懐かしいなーと思いつつ進行中。
大きな新しい展開は無いと思うけど、小さな変化を楽しみながらやってますw
3ルート制覇したら、死者の迷宮に篭る事になるとは思うけどネー。
[PR]

by Future-truth | 2010-11-16 21:41 | ゲーム

<< 着飾ると言う事は、身に付ける物... イタズラする相手がモグだけでした >>