体験版で満足しちゃうタイプ

×箱が入院から帰って来ました。
思っていたよりもずっと早く、丁寧に梱包されていたので少し驚き。
ちゃんと修理報告書も入っていたので、対応はマジメにやっているみたいだね。
…他にゲーム機を修理に出した事が無いから比較対象が無いのだけど。


そんな帰って来た×箱を使って最初にやったことは、知り合いのブログでネタにされてた
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)というサウンドノベル(?)の体験版です。
前情報はそのブログだけで 「レンジでチンしたら冷凍してた」 とか書いていて
そのトンデモ具合から気になっていたんですよね。

で、シュタインズゲートをやってみた感想は
深刻な厨二病患者が主人公で、見ている方が恥ずかしかった(;´ω`)
一部をAボタン連打で飛ばし見するくらいに…。
自分を狂気のマッドサイエンティストの鳳凰院凶真と 「設定」 して
よくわからない 「機関」 に追われている身らしいのだけど
そういう事を平気で見ず知らずの人に語ってしまって場を混乱させているというか…。
その意味ではかなり痛い感じ。

ただ、シナリオはしっかりしているみたいで、そこの部分では興味を惹かれたかなぁ。
方々でネットスラング(2ch用語等)が展開されているので、そういうのを実際に声で聞く
っていう点でも、やっぱり痛いのだけど。
まー、主軸の 「電子レンジがタイムマシンだった」 というトンデモ現象を使って
どうシナリオを展開させていくかっていうのが興味の対象でした。

かなり灰汁の強いシナリオと登場人物で、オススメ出来るかは未知数。
わたしは最後まで見続けるコトが出来そうにないですorz

ちなみにゲーム中に出てくる 「未来ガジェット研究所」 というサイトは実在します。
ココまでちゃんとやるとはなぁ…w
(ヘッダに出るサイト名が 「無題ドキュメント」 となるところが
 テキトーに作ったって感じが出ていて変に凝ってるし)


さらにもう1つの体験版で、BAYONETTA(ベヨネッタ)もやってみました。
ちょこちょこと話題を聞いていて、どんな感じなのかなと思ってね。
わたしが面白いなーと思った 「大神」 というアクションゲームを作ったチームが混ざって
このベヨネッタっていうアクションゲームを製作したらしいという話しも聞いていたし。

で、やってみた感想としては、かなーり派手なアクションだなーと、
やる事なす事殆どにエフェクトが付いて回るので煌びやかなイメージがあるし
操作もそんなに難しくは無かったかな?
アクションが苦手な人でも、攻撃ボタンをある程度ガチャガチャと連打していれば
色々と攻撃技(?)が発動してくれるし、回避を実行すれば無条件で
モーションキャンセルを出来るようだったしね。

ただ、私的にアクションってすぐに終わってしまうイメージがあって
買う事が少ないんですよね。故にアクションで買うのは中古でばかり…。
私的にシナリオ部分で気になりそうなのも全く無いし、近い内に買う事は無さそうかな。


ということで、2つも体験版をやったのにもかかわらず
どっちもすぐには買わなそう、という結果に終わってしまいました!
やっぱりRPGが好きっていうことなのかなー。
[PR]

by Future-truth | 2009-10-22 21:44 | ゲーム | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://thisfuture.exblog.jp/tb/12182469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2009-10-24 20:08 x
未来さんゲーマーすぎ。しかもメジャーじゃない方向でw
シュタインズゲートは(極一部では)結構ウワサになってますね。
キャラデザが今までにない感じで新鮮かな

この好みの方向からするとストレンジジャーニーとか好きそう
Commented by Future-truth at 2009-10-26 19:42
ブログで見かけたから興味を惹かれたんだよー。
良くやってるのはRPGで、シリーズものをあげるとすると
FF、Tales of、ワイルドアームズ、ゼノ…
あれ、やっぱマイナーなの多いカモ(´ω`)

<< パンプキンパイ-1 限界を超えて迷宮に挑んだ男 >>