千年の夢、紡ぎ終える時 ─Lost Odyssey─

ここ暫くロストオデッセイをメインにやっていましたが、やっとシナリオクリアしましたっ。
ということでラスボスBGMのソイヤ(違)も聴けましたw
シナリオを把握してからこの歌詞を聴くと、意味がわかるね。

総評をすると、面白かったけどエンディングが納得がいかなかった…。
それまで千年もの年月を生きてきて、その意味を探し続けて
常人には知りえない苦痛と嘆きを抱えて来たのにも拘らず
ラスボス倒して全ての元凶が無くなったら普通のハッピーエンド。
不死者たちが色々言うわりには、あまりにも安易じゃないです?
あ、でも、Disc3からFF6の世界崩壊くらい結構な超展開だったしなー。

千年の夢は、すごく読むのが楽しかったけどね。
クリアしたあとに真っ先にやったのが、千年の夢コンプだったしw
千年を生きている者ゆえの苦悩や出会いが様々な背景を元に織られていて
本当に短編なのに読むのも見るのも飽きない、わかりやすくて丁寧な展開が
とてもよかったです。
だからこそ、エンディングに納得いかないんだけど(´・ω・`)

戦闘は難しいと聞いていたけど、そこまで難しくなかったかも。
とにかく弱点を突くように装備を変更して、属性魔法で攻めて
白魔法のプール系(FF11で言うストンスキン)を前衛にして固めれば
中盤のボスからは楽だったなぁ。
代わりに戦闘時間はやや長め。ただボコボコ殴ってれば良い戦闘じゃなく
うまく立ち回るようにしないとダメなのが良くも悪くもポイントじゃないでしょうか。
ちなみにキツかったボスランキングはコチラ。


 1位 グリガン
イベントバトル以外での最初のボス。
とにかくコチラの回復手段以上の被ダメを受けるので持久戦は無理。
特に全体攻撃が厄介で、これが3回来たらほぼ終了ってくらい(´ω`)
回復は捨てるつもりで攻撃をした方が、倒せるんじゃないかなぁ。
Lv12では散々な結果に終わったので、Lv15まで上げて行ったら
なんとか倒せました。

 2位 Disc4の将軍
見た目の割りに生身で戦闘してくれないヌマラの将軍の戦車戦です。
レベルが不相応だったからなのか、わからないですが苦戦しました…。
チャージ完了のカノン砲がすごく痛いのに加えて、チャージ完了の体当たりが
ガードコンディション破壊するから、次のターンでくるチャージ完了カノン砲で
あっけなく全滅してしまいました(ノω`)
いま思えば炎属性っぽいから、そのあたりで対応すればなんとかなったかもだけど
捨て身でカノン砲にチャージ補助する戦車を速攻で倒すことで
なんとかクリアすること出来たけどね;

 3位 ラスボス
Lv48でスキルをあまり習得してない状態で行ったら大変だった!
でも、「強い」 ではなくって 「大変」 ってのがミソ。
戦闘の演出やらなにやらでラストバトルっていう雰囲気がすごく良かったけど
ラスボスってだけあって張り合いのある相手でした。
スキルでアレやソレを覚えてから行くと、とたんに楽になるだろうけど
それは他の敵にも言える事だろうしなぁ。
ただ強い敵を最後に倒すって感じではなく、ロストオデッセイっぽい強さの強敵
そんな感じでした。


いまはwikiを参考に、ちょこちょこサブイベントをやっています。
レベルは49で殆ど変わりは無いんだけど、いまのとこ出てくるボスどれも
かなーり弱くて張り合いが無いのが残念。将軍戦車はなんだったのだろう。
エクストラダンジョンはDLCであるっぽいし、一応ラスボスより強い(?)のも居るみたいだから
まだ遊べそうですけどね。

わたしはロストオデッセイをHDにDL出来るようになってからやった
ってのもあるだろうけど、DLしていないと戦闘に入る時に読み込みが長いんですよね。
故にその部分で懸念される事もあった様ですが、いまならそんなに気にならないかな?
まあ、同じ部分でロード長いと言われるToAも何食わぬ顔でやれる人種だから
あまりアテにならないかもしれないけど…。

不満点をあげるとしたら、やっぱ声優さんが微妙だったキャラが多かったのがあるかも。
主人公のカイムが特にその矢面にされるけど、それだけの理由はあるねー。
口数が少なくて淡々としている性格だから、ああいう感じってのもあるかもしれないけど
声に色が無いというかなんというか…。
わたしは絶望的にダメとは思わなかったけど、やっぱ気にはなったね。

あとは若干だけど、キャラの造形と仕草の動きのぎこちなさが眼に付いたかな?
これは表情の変化に乏しいカイムが主人公で良く見ていたから、そう思うだけかもだけど。
でも、カイムの驚いた顔はココリコのあの人に見えてしょうがなかった!

一切攻略情報得ずクリアまで52時間かかったけど(超ゆったり進めてこの時間)
私的には充分楽しめるRPGでしたよ。
マンネリを打開する為に色々と新しい試みをして盛り上げるというのも良いけど
スタンダードにやり応えのあるゲームというのを体言してくれた作品、みたいな。
まあ最近はとにもかくにも、ちょっと似ている物をみつければ
アレのパクりだ、コレの改悪だとかピーピー五月蝿いってのもあるだろうけど
そういう変な土壌を作っているのはユーザーなんだよなぁ
って某13を見ると、そう思わせてもくれましたー…。
(1つの物を1つの作品として見て、それが良い物なのか判断すればいいのにね。
 あからさまな転用はダメだけれどもw)



 ソイヤ視聴 ⇒ www.nicovideo.jp/watch/sm1891690
 動画内容がラスボス戦だから、BGMだけ聞きたい人は
 タブで別なトコを見ながら聞くとイイかも。
[PR]

by Future-truth | 2009-10-02 17:52 | ゲーム

<< 恨み辛みもありますが(違 どうしてこうなった >>