千の時を生きる ─ LostOdyssey ─

以前から少し気になるゲームがありましたが
なかなか機会が無くて、やってみたいと思いつつも手にしていないタイトルがありました。
ですが、ひょんな所でそのタイトルの評判を耳にしました。
「これは古風なFFみたいなゲームだし、FFにナンバリングしても良かったんじゃ?」
各々の感性があり評価も様々なので、一概にコレだけを鵜呑みには出来ませんが
ますます気になったので、プレイしたことのあるプレシャさんに聞いてみました。


b0004722_1862585.gif< LostOdysseyって面白い?


b0004722_1872877.gif< たぶん面白いんじゃない?


という事なので買ってきました(ぇ
さわりのストーリーやシステムなどの前知識が全く無いんだけどね!
あ、ラスボスのBGMが 「ソイヤ!」 で有名なのは知ってr


開けてビックリ4枚ディスクに気圧されながらも1枚目を×箱に。
オフラインのRPGは久しぶりだな~と思っている間にタイトル画面になったので
NewGameでゲームを開始します。

暗転した画面から現れたのは輸送車と思しき乗り物。
後部が鉄の音を立てて開かれると、鎧を着込んだヒトが
放たれたかの如くそこから数多走り出す。
辺りは薄暗いながらも、その地に転々と残る同形のモノがココはどんな場所なのかを物語る。

── 戦争。

総力戦なのか、この地を覆いつくす程の兵士たちと
それらを駆逐する為だけの鉄塊が蠢きモノへと変えていく。
その中から1人の男が敵陣を割る。撫でるかの様に振られる剣に触れた敵兵は
容易くモノへと落とされ、抵抗の剣撃は約束を守る様に宙を斬る。
押し寄せる敵兵は例外無く無慈悲な一撃でモノと化し
男は感情の色を湛えず声すらも発せず、ただ前へと押し進む…。

そして敵兵に囲まれた所でシームレスで戦闘に突入。
ナニコレってくらいオープニング、凄いんですが…。
ロストオデッセイの後に発売されたスターオーシャン4にも殺陣はあったけど
比べるのが失礼に当たるんじゃないかって思うくらい別格。

ある程度の敵兵をなぎ倒すと対人兵器が出てくるものの
さっくり倒せてトドメはムービーで華麗に決めてくれました。
そしてまた敵兵に囲まれるのだけど、なんだか様子がおかしい。
黒を更に濃い黒で覆われ、空を見上げると
そこにあるはずの無い大地が割れて赤い溶岩が流れ落ちてくる。
戦場は地獄と変貌し、ヒトは皆逃げ出す。

── 一人を除いて。

男はその様子を、それまでと同じ様に感情を湛えぬ顔で見つめ
押し寄せる激しい土煙にも足を動かさず、やがてそれに飲み込まれてしまう。

地獄も時が立ち、焼け野原となる。
敵も味方も無く在るモノ全てを灰とされてしまった平原は
生きているヒトからすれば、まだ充分な地獄と見えるだろうが
それすらも土煙に飲まれたはずの男の表情を変えるには役者不足だった。

男の名はカイム。
老いることも死することも叶わず千年を生きる、ヒト。


この不老不死の男、カイムを主人公にストーリーが織られていくのだけど
カイムは記憶を失っています。今ある僅かな記憶が頼りで、身を寄せている
軍の命令を元に動いていくのだけど、その先々で出会う人や風景を見て
それをトリガーとして少しずつ記憶を思い出していきます。

それらの思い出した記憶は、小説の様に文字のみで語られるのですが
文字だけなのに表現力があります。
基本的に読み進める文字の順に、文字が浮き出てくるのですが
その表示の仕方が憎たらしくも良い演出をするんですよ。
涙の文字は上から落ちてきたり、風に吹かれたことを意味する箇所は
風に吹かれたかのように巻かれて現れたり。
次に進める時にも様々な演出が施されていて、この演出も含めて
カイムの記憶の物語となっているかのようです。
勿論、この話し自体を飛ばしたりすることもできるので
早く先に進めたいって人も問題は無いかな?
殆どがサイドストーリーで、その話しの中だけで完結しているので
読まなくてもいいのだけど、私的には飛ばすのは勿体無いと思います。

まあ、その内容の多くは 「今生の別れ」 を書いた物なんだよね。
長い長い時を生きているから、多くのそのような場面に出会うのはわかるけど
最も人の感情に訴えやすいそれを多様するのは反則だと思います(;ω;)ブワッ

かなり異色なRPGだけど、私的にはスゴく好みかもしれない…。
メインストーリーのノリ的な物も古いFFを感じさせる所があるので
冒頭の様な言葉が出てくるのも、わからなくないかもなー。

今はディスク2が丁度終わった所なので、中盤に差し掛かった所かな?
まだ暫くはロストオデッセイで楽しめそうです。
[PR]

by Future-truth | 2009-09-18 19:37 | ゲーム

<< 来年は5ヶ月毎になるのかな? 急がば回れ >>